CONTENTS
CONTACT

HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部

邮政编码: 530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町大楼
TEL:+81-6-6351-4384(代表)
FAX:+81-6-6351-5664(代表)
E-Mail:

东京本部

邮政编码: 105-6121
东京都港区浜松町2-4-1
世界貿易中心大楼21 层
TEL: +81-3-3433-5810(代表)
FAX:+81-3-3433-5281(代表)
E-Mail:


广岛事务所

邮政编码: 730-0032
广岛县广岛市中区立町2-23 野村不动产广岛大楼4 F
TEL: +81-82-545-3680(代表)
FAX: +81-82-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日开设
名古屋事务所

邮政编码:453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12 Global Gate 9层
TEL:+81-52-589-2581(代表)
FAX:+81-52-589-2582(代表)
E-Mail:


专利业务法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK的商标以地图为背景,在这张地图中,以陆地的大小及形状表示1991年登记的发明专利件数。

个人隐私保护方针


生物技术知识产权信息
生物技术知识产权信息
副所长 专利/商标代理人          : 黑田 敏朗
生物技术知识产权信息 室长    : 长谷川 和哉
联系电话
传 真
电子邮件
: + 81-6-6351-4384
: + 81-6-6351-5664
:

Case 2007 (Gyo-ke) No. 10369

(viability as an invention of a technical idea comprising human intellectual activity)

【SUMMARY OF THE CASE】
Even if some kind of technical means is presented in the claims, when taking into account the totality of the contents of the claims, one cannot consider, in the case that the invention is by essence directed to intellectual activity in itself, that it corresponds to an “invention” as provided in Article 2-1 of the Japan Patent Act.
On the other hand, even if the invention comprises acts related to human intellectual activity or even if it is linked to intellectual activity, in the case that the invention supports by essence human intellectual activity or provides a technical means to be substituted to human intellectual activity, one can consider that such an invention is not to be deemed as not corresponding to the concept of “invention”.

【DATE OF THE RULING】June 24, 2008
【COURT】Intellectual Property High Court
【RULING NUMBER】2007 (Gyo-ke) No. 10369
【REDACTOR OF THE ABSTRACT】Shinji IMANO, Patent & Trademark Attorney
【ADDRESS OF THE FULL TEXT】
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080625101726.pdf


◆ The summary of this case is described below in Japanese for your information ◆

【判示事項】
【判示事項】 請求項に何らかの技術的手段が提示されているとしても,請求項に記載された内容を全体として考察した結果,発明の本質が,精神活動それ自体に向けられている場合は,特許法2条1項に規定する「発明」に該当するとはいえない。
他方,人の精神活動による行為が含まれている,又は精神活動に関連する場合であっても,発明の本質が,人の精神活動を支援する,又はこれに置き換わる技術的手段を提供するものである場合は,「発明」に当たらないとしてこれを特許の対象から排除すべきものではないということができる。

【判決要旨】
本願発明は,精神活動それ自体に向けられたものとはいい難く,全体としてみると,「データベースを備えるネットワークサーバ」,「通信ネットワーク」,「歯科治療室に設置されたコンピュータ」及び「画像表示と処理ができる装置」とを備え,コンピュータに基づいて機能する,歯科治療を支援するための技術的手段を提供するものと理解することができる。したがって,本願発明1は,「自然法則を利用した技術的思想の創作」に当たるものということができる。

【判決日】平成20年06月24日
【裁判所】知的財産高等裁判所
【事件番号】平成19(行ケ)10369
【判決要約担当者】弁理士 今野 信二
【判決全文URL】
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080625101726.pdf


PAGE TOP