Philosophy
CONTENTS
CONTACT

HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


OSAKA
HEAD OFFICE

DAIWA MINAMIMORIMACHI BLDG.,
2-6, 2-CHOME-KITA, TENJINBASHI,
KITA-KU,OSAKA 530-0041 JAPAN
TEL:+81-6-6351-4384
(Main Number)
FAX:+81-6-6351-5664
(Main Number)
E-Mail:

TOKYO
HEAD OFFICE

WORLD TRADE CENTER BUILDING SOUTH TOWER 29F,
2-4-1, HAMAMATSU- CHO, MINATO-KU,
TOKYO 105-5129,JAPAN
TEL:+81-3-3433-5810
(Main Number)
FAX:+81-3-3433-5281
(Main Number)
E-Mail:


HIROSHIMA
OFFICE

NOMURA REAL ESTATE HIROSHIMA BLDG. 4 F, 2-23 TATEMACHI, NAKA-KU, HIROSHIMA CITY, HIROSHIMA 730-0032, JAPAN
TEL:+81-82-545-3680
(Main Number)
FAX:+81-82-243-4130
(Main Number)
E-Mail:

Opened on
March.1.2018

NAGOYA
OFFICE

GLOBAL GATE 9F, 4-60-12 HIRAIKE-CHO, NAKAMURA-KU, NAGOYA-SHI, AICHI 453-6109, JAPAN
TEL:+81-52-589-2581
(Main Number)
FAX:+81-52-589-2582
(Main Number)
E-Mail:


In the background of the HARAKENZO trademark is a global map wherein countries/regions are sized according to the number of patents registered there in 1991.

Privacy policy


Our Dreams

OUR DREAMS 1



We, acting through our duly elected representatives in the National Diet, determined that we shall secure for ourselves and our posterity the fruits of peaceful cooperation with all nations and the blessings of liberty throughout this land, and resolved that never again shall we be visited with the horrors of war through the action of government, do proclaim that sovereign power resides with the people and do firmly establish this Constitution.

Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people. This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded. "HARAKENZO more " reject and revoke all constitutions, laws ordinances, and rescripts in conflict herewith.

"HARAKENZO more " desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship and we have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world.

"HARAKENZO more " desire to occupy an honored place in an international society striving for the preservation of peace, and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for all time from the earth. "HARAKENZO more " recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.

"HARAKENZO more " believe that no nation is responsible to itself alone, but that laws of political morality are universal; and that obedience to such laws is incumbent upon all nations who would sustain their own sovereignty and justify their sovereign relationship with other nations.

"HARAKENZO more " pledge our national honor to accomplish these high ideals and purposes with all our resources.

(from THE "PREFACE" OF CONSTITUTION OF JAPAN)
THE CONSTITUTION OF JAPAN : http://www.solon.org/Constitutions/Japan/English/english-Constitution.html



It was in the late fall of November, 1922, when Albert Einstein heard the news of his winning the Nobel Prize on the way to visit Japan, when Japan rolled out the red carpet for the Scientist known, at the time, as "Dr. Relativity".

During his visit, Einstein who is now one of the most well-known Nobel-Prize winning Scientists in history, said he hoped that we Japanese never loose our inherent and essential national traits of modesty, frugality, purity and tranquility.

At the end of his visit to Japan, the Scientist said he had not been aware that there still remained a modest, honest, loyal nation like Japan, who retains her beautiful natural scenery and quiet houses, which suit the beauty of her scenery and are representative of her unique value.

(Cited from an editorial "Tenseijingo" in Asahi Shimbun dated October 5, 2006)



When looking at a glass of water filled in half, a pessimist complains that the glass is only half-full. However, Japan is a country whose glass is filled to the brim with dreams and possibilities, in every respect: numerous technologies, a rich natural environment, a high level of public security, a unique wisdom resolutely turned towards the future...

(Yohei Sasakawa, Chairman of The Nippon Foundation – excerpt from the morning edition of The Sankei Shimbun dated January 20, 2009)




平和の詩「生きる」

沖縄県浦添市立港川中学校 3年 相良倫子



私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、
何と美しい島だろう。
青く輝く海、
岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、
小川のせせらぎ、
畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、
優しい三線の響き、
照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、
島を感じる。心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが
この瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり
私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちを
どう表現しよう。
大切な今よ
かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

七十三年前、
私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、
光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、
懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。
それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。ただ、それだけで。
無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、
心から、誓う。

私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。
全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。

あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、
私と同じこの瞬間(とき)を
一緒に生きているのだ。

今を一緒に、生きているのだ。

だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。
みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。
一日一日を大切に。
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。

大好きな、私の島。
誇り高き、みんなの島。
そして、この島に生きる、すべての命。
私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。
真の平和を発進しよう。
一人一人が立ち上がって、
みんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。







PAGE TOP