特許事務所 EPO/EUIPO支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


EPO/EUIPO
EPO 知財情報 特許事務所 EPO/EUIPO特許商標出願戦略
EPO支援室 室長
EUIPO支援室 室長
代表電話
FAX
E-mail
: 岡部 泰隆
: 八谷 晃典
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664

英国のEU離脱による商標権及び意匠権への影響

英国のEU離脱により、欧州連合知的財産庁 (EUIPO) から与えられた商標権及び意匠権がどうなるかは、今後2年間に渡って行われる交渉によって決定されます。当所がイギリス代理人から得た情報によると、現在のところ英国の知財業界では通常通りの業務が行われています。

英国が実際にEUから離脱する際においてもEUIPO権は引き続き有効ですが、英国での効力はなくなります。けれども、既存のEUIPO権を英国での同等の権利に「移行」する暫定的処置が取られるものと予想されます。この暫定的処置が具体的にどのようなものになるかは現在のところ不明です。

英国の離脱のタイミングや手続きの詳細に関する交渉が完了するまでは、英国はEUの加盟国です。当所では引き続き進捗状況に注意を払い、その都度クライアントの皆様に情報を提供し、アドバイスを行って参ります。

なお、英国知的財産庁 (UK IPO) により付与された商標権及び意匠権については、影響はありませんし、英国の裁判所での商標弁理士の代理権にも影響はありません。同様に、英国の世界知的所有権機関 (WIPO) の会員資格にも影響はありませんので、商標の国際登録(マドリッド協定)にも基本的に影響はありません。

このページのトップへ