特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTO が8種類の特許関連の petitions のファイル及びそれらの決定の自動化を公表

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成23年04月04日
(文責:新 井)

1.はじめに

従来は、特別な場合(高齢に基づく早期審査のpetitionsと、故意ではなく特許維持年金支払の遅延の救済を求めるpetitions)を除き、petitionsをUSPTOにファイルし、petitionsに対する決定が下されるまで長期間待つことを出願人は強いられてきました。

上記事情に鑑み、2011年3月31日にPress Release, 11-23* において、USPTOは、new e-Petition systemを導入し、8種類の特許関連petitionsのファイル、及びpetitionsに対する決定を自動化することを公表しました。なお、今回手続が自動化される8種類の特許関連petitionsは、Petitions Officeの処理量の約三分の一を占めています。



2.e-Petitionsの適用対象と自動化の内容

今回の手続の自動化は、USPTOのnew e-Petition systemを使用して行われます。e-Petitionsによれば、データは、安全なウェブインターフェースを介して入力され、ファイルされたpetitionは、自動的に決定されるので、上記8種類のpetitionsがPublic PAIR(Patent Application Information Retrieval)にドーケティングされ、決定され、アップロードされるのに長期間待つ必要がなくなります。


今回の自動化は、特に、緊急のpetitions(特許発行を取り下げてもらうためのpetitions等)に有効なものとなります。また、電子化されたpetitionの決定により、petitionsを更新する必要がなくなると共に、決定を待つpetitionsの滞貨が減少することが期待されます。


今回自動化される8種類の特許関連のpetitionsには次のものが含まれています。

1. Withdrawal of attorney

2. Withdraw from issue after payment of the issue fee

3. Withdraw from issue after payment of the issue fee under 37 CFR 1.313(c)

4. Withdraw from issue after payment of the issue fee under 37 CFR 1.313(c)(1) or (2) when patent number is assigned

5. Withdraw from issue under 37 CFR 1.313(c)(3)

6. Petition to accept late payment of issue fee – unintentional standard under 37 CFR 1.155(c) or 37 CFR 1.316

7. Petitions for revival under 37 CFR 1.137(f)

8. Petitions to revive an abandoned application under 37 CFR 1.137(b) for continuity purposes only


より詳細な情報は、e-Petitionsに係るFrequently Asked Questionsに公開されています。*2


以 上





*1 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2011/index.jsp
*2 LINK: http://www.uspto.gov/patents/process/file/efs/guidance/ePetition-FAQs.jsp

このページのトップへ