特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国下院法案(Leahy-Smith America Invents Act)が上院を通過

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成23年09月12日
(文責:新 井)

1. はじめに

米国上院による上院法案(S.23)は、2011年3月8日に大幅に修正されて上院議会を通過しました。一方、米国下院は、“Leahy-Smith America Invents Act”(下院法案(H.R. 1249)と、それに修正を加えたマネージャ修正案(AMENDMENT TO H.R. 1249)を加えたもの)を大差(89-9)で可決しました。


これらの下院法案*1 を上院議会が討議していましたが、2011年9月6日に討議終結(Cloture)し、2011年9月8日に上院議会において、補正されることなく、承認されました。これにより、最終的に米国大統領が署名すれば、その1年後に米国改正法(特許及び意匠が改正対象)が施行されることになります。



2. 上院において討議された3つの補正内容

上院は、投票に先立って、次の3つの補正について討議しましたが、結局、補正されることなく、“Leahy-Smith America Invents Act”を承認しました。


・ To strike section 37 regarding calculation of the 60-day period for applying for certain patent term extensions (so-called MedCo amendment) (Jeff Sessions, R-Alabama) →47-51で否決
・ To return section 18, the special procedure for challenging business method patents (Cantwell, D-Washington)→13-85
・ To reinstate in section 22 the revolving fund language that would remove the USPTO from the congressional appropriations process and end fee diversion (Coburn, R-Oklahoma) →48-50で否決



3. USPTO長官のコメント

USPTO長官のDirector David Kapposは、以下のように、“Leahy-Smith America Invents Act”の上院による承認を歓迎し、これに従うことを表明しています。*2


【Statement of USPTO Director David Kapposの抜粋】


“Significantly, as stated by leadership in both houses of Congress, this legislation enables us to access all of our fees. We intend to aggressively implement that mandate by immediately hiring new examiners, instituting new patent acceleration tools, and aggressively modernizing our IT infrastructure.


“The effort to reform our nation’s patent system began more than a decade ago, and Senate passage today provides a substantial down payment on an American economic agenda aggressively committed to unleashing 21st century innovation. This bipartisan bill will modernize our intellectual property system, ensure the United States Patent and Trademark Office is sufficiently resourced to operate efficiently, and afford inventors the timely and consistent patent protections they need to spur business growth and hiring.


“We appreciate the strong support of the legislation's co-sponsors, as well as the continuing commitment of all Members of Congress and our stakeholders, to ensure that the USPTO retains the funding it needs to implement this legislation, perform its core mission, and fuel American ingenuity. I’d also like to thank the Commerce Department leadership, which has offered continued support under former Commerce Secretary Gary Locke and now Acting Secretary Rebecca Blank.


We look forward to the President signing the America Invents Act so the nation can unlock new technologies, new jobs and new industries.



以 上



*1 (i) prior user rightsの適用をBM特許以外にも拡大する。(ii) post-grant review とinter partes reviewの時期的要件を上院案と同じにする。(iii) 特定のUSPTO feeの値上げの権限をUSPTOに付与する。(iv) Track I 優先審査の権限をUSPTOに付与する。(v) supplemental examinationに対するフロードの例外を USPTO長官がフロードに気付いた状況に制限する。(vi) 患者がセカンドオピニオンを必要とする場合にDNA診断特許の権利行使を制限する。(vii) 特許権存続期間の延長申請のための60日期限を維持することを承認する。
*2 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2011/statementaia.jsp

このページのトップへ