特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国優先審査(Prioritized Examination)が実施される

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成23年10月03日
(文責:新 井)

1. はじめに

USPTOは、2011年4月4日のPress Release, 11-24*1 において、優先審査(Fast-Track Patent Processingの"Track One*2 ")の導入を発表し、当初の計画では、2011年5月4日以降の特許出願(utility or plant nonprovisional application)に適用される予定でしたが、財政上の理由により、その開始が延期されていました。
このたび、“Leahy-Smith America Invents Act”が発効したことに伴い、USPTOは、2011年9月23日付の官報およびPress Release, 11-51において、2011年9月26日以降に出願された特許出願を対象として実施することを発表しました*3 。
USPTOの目標は、優先審査の請求件に対して12ヶ月以内 ”final disposition”*4 の状態にすることです。 



2. 優先審査の要件

優先審査を受けるために充足すべき主要な要件は次のとおりです。


・優先審査を受ける出願がutility or plant nonprovisional application(継続出願および分割出願を含む。)であり且つ電子出願であること。ただし、国際出願(国内段階移行出願を含む。)、意匠出願、再発行出願、仮出願、及び再審査出願は適用対象範囲外です。
・米国特許出願時に、優先審査を請求すること。ただし、出願日に自発補正を提示することはできない。
・全クレーム数は30個以内であると共に、独立クレーム数は4個以内であること。ただし、多項従属クレームは認められない。
・Oath or Declarationに署名しない発明者が存在しないこと(37 CFR 1.47)。
・the filing, search, examination, processing, and publication fees 以外に、$4,800(Official Fee)の手続費用を支払うこと*5 。
・優先審査を請求する米国特許出願は電子出願されていること。

なお、次の場合には、優先審査を請求していても、優先審査の対象から外されてしまうことに留意する必要があります。
Office Actionsに対する応答期間を延長した場合
・全クレーム数が30個を超えるか、又は独立クレーム数が4個を超えた場合



3. 優先審査を有利に進めるための措置

USPTOは、優先審査を有利に受けるために効果的な措置として、次の4項目を挙げています。
(1) Acquiring a good knowledge of the state of the prior art to be able to file the application with a clear specification having a complete schedule of claims from the broadest to which the applicant believes he is entitled in view of the prior art to the narrowest which the applicant is willing to accept;
(2) submitting an application in condition for examination *6 ;
(3) filing replies that are completely responsive to an Office action and within the shortened statutory period for reply set in the Office action; and
(4) being prepared to conduct interviews with the examiner.



4. 早期審査およびPPHとの相違点

本優先審査は、早期審査(Request for Accelerated Examination)およびPPH(Patent Prosecution Highway)とは以下の点で異なっています。
・優先審査を請求してから請求が認められるまで待つ必要がない。
・先行技術に係る調査および解析が不要。
・他の特許庁が許可したクレーム発明に限定する必要がない。

【Press Release, 11-51の抜粋】*7
USPTO Updates Effective Date of "Track One" Fast-Track Patent Processing
USPTO to begin accepting requests for prioritized examination of patent applications on September 26, 2011
The United States Patent and Trademark Office (USPTO) has announced today plans for the agency to begin accepting requests for prioritized examination of patent applications through the Track One prioritized patent examination program now scheduled to go into effect on Monday September 26, 2011.
“Track One provides a comprehensive, flexible patent application processing model to our nation’s innovators, offering different processing options that are more responsive to the real-world needs of our applicants,” said Under Secretary of Commerce for Intellectual Property and Director of the USPTO David Kappos. “"HARAKENZO more" are now in a position to offer this program which will bring the most important new products and services to market more quickly, helping to build businesses and create new jobs in America.”
Track One will allow inventors and businesses, for a fee, to have their patents processed within 12 months.
The application must be an original utility or plant nonprovisional application filed under 35 U.S.C. 111(a) on or after September 26, 2011, the new effective date of the Track One final rule.


以 上



*1 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2011/11-24.jsp
*2 “Track One”は優先審査であり、”Track Two”は通常審査であり、”Track Three”は通常より実体審査の開始を30ヵ月遅らせることができます。
*3 LINK: http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2011-09-23/pdf/2011-24467.pdf
*4 “final disposition”とは、filing of an RCE or notice of appeal、mailing of a final office action or a notice of allowance、declaration of an interference or abandonment of the applicationをいう。
*5 the total fee due on filing a utility application for which prioritized examination is being sought (not including any applicable excess claims and application size fees) is $6,480 ($3,360 for a small entity). The total fee due on filing for a utility application is calculated as follows: (1) The $1,250 ($530 small entity) in filing fees which includes the $380 ($95 small entity filing by EFS-Web) filing fee, the $620 ($310 small entity) search fee, and the $250 ($125 small entity) examination fee; (2) the $4,800 ($2,400 small entity) prioritized examination fee; (3) the $130 processing fee; and (4) the $300 publication fee.
*6 MPEP 708.02(a) VIII C の”Conditions for Examination”に規定の要件を充足する必要がある。
*7 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2011/11-51.jsp

このページのトップへ