特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOによる改正特許法(AIA)に係るルール改正案 (2)

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2012年01月30日
(文責:新 井)

1. はじめに

米国改正特許法(America Invents Act (AIA))のうちの2012年9月16日施行分の一つ(Supplemental Examinations and proposed revisions to ex parte reexamination fees)に関し、2012年1月25日に、ルール改正案がUSPTOによって公表され、これらの改正案に対するパブリックコメント受付期間が設定されました(2012年3月26日に)。パブリックコメント(written comments)が検討された後に正式にルールが改正される予定です。*1



2. 補充審査の概略

(2-1) 補充審査の立法趣旨

補充審査手続は、通常審査の過程において何らかの事情で考慮されなかった情報であって特許付与されたクレーム発明に関連が深いと特許権者が考える情報を考慮、再考、又は訂正することによって、不公正行為を理由として特許が権利行使不能(”patent unenforceability”)になるリスクを排除することを意図しています。


(2-2) 補充審査の特徴

  • 特許権者は、付与された特許に対して補充審査手続("Supplemental Examination”)を請求することができる。
  • 補充審査手続は、現行の査定系再審査手続と類似の方法で実施されるが、特許及び刊行物を請求の根拠とする場合に限定されない点で異なっている。
  • 出願審査段階で間違って開示した情報や十分に考慮されなかった情報等を考慮してもらうためにも、特許権者は補充審査を請求できる。
  • 補充審査の後、再審査が実施され当該情報が特許庁で考慮された後には、特許は権利行使不能とはならない。
  • USPTOは、特許権者による補充審査請求後3ヶ月以内に、“substantial new question of patentability”が提起されているか否かを判断する。
  • “substantial new question of patentability”が提起されていると判断された場合、査定系再審査(”Ex Parte Reexamination”)が行われる。
  • 補充審査(又は引き続き行われる再審査)中にUSPTOが、特許権者側でUSPTOに対する重大な不公正行為が行われたかも知れないことに気付いた場合、USPTOはAttorney General(司法長官)にその旨を通知し適当と考えられる更なる措置を講ずる。


3.補充審査に係るルール改正案

(3-1) 改正案の要点について

  • 特許権者のみが、補充審査の請求および手続をしなければならず、その結果、再審査が命じられた場合にも特許権者のみが関与することが許される(§1.601)。
  • 補充審査において考慮、再考、又は訂正の対象として提出可能な情報数の最大は10個である(§1.605)。
  • 一度に複数の補充審査を請求することができる(§1.605)。
  • 補充審査請求の基本手数料として、1件当たり、($5.180 + $16,120)の支払が必要である(§1.20(k))。結果として、手続が査定系再審査に移行されなかった場合、その分の手数料が返金される(§1.26(c))。

(3-1) 補充審査請求に必要な提出物

補充審査請求に際し、以下に示す §1.610(b)(1)~§1.610(b)(12) に規定の書類が提出されるべきことをUSPTOは提案しています。

  • 特許権者のみが、補充審査の請求および手続をしなければならず、その結果、再審査が命じられた場合にも特許権者のみが関与することが許される(§1.601)。
  • 補充審査において考慮、再考、又は訂正の対象として提出可能な情報数の最大は10個である(§1.605)。
  • 一度に複数の補充審査を請求することができる(§1.605)。
  • 補充審査請求の基本手数料として、1件当たり、($5.180 + $16,120)の支払が必要である(§1.20(k))。結果として、手続が査定系再審査に移行されなかった場合、その分の手数料が返金される(§1.26(c))。

  • 1. a cover sheet itemizing each component submitted as part of the request (§1.610(b)(1))
  • 2. a table of contents for the request (§1.610(b)(2))
  • 3. an identification of the number, the date of issue, and the first named inventor of the patent for which supplemental examination is requested (§1.610(b)(3))
  • 4. a list of each item of information that is requested to be considered, reconsidered, or corrected, and the publication date for each item of information, if applicable (§1.610(b)(4))
  • 5. a statement that: (1) identifies each item of information that was not considered in the prior examination of the patent, and explains why consideration of the item of information is being requested; (2) identifies each item of information that was not adequately considered in the prior examination of the patent, and explains why reconsideration of the item of information is being requested; and (3) identifies each item of information that was incorrect in the prior examination of the patent, and explains how it is being corrected (§1.610(b)(4))
  • 6. a list identifying any other prior or concurrent post patent Office proceedings involving the patent for which the current supplemental examination is requested, including an identification of the type of proceeding (e.g., ex parte or inter partes reexamination, reissue, supplemental examination, post-grant review, inter partes review), the identifying number of any such proceeding (e.g., a control number or a reissue application number), and the filing date of any such proceeding (§1.610(b)(5))
  • 7. an identification of each aspect of the patent to be examined (§1.610(b)(6))
  • 8. an identification of each issue of patentability raised by each item of information (§1.610(b)(7))
  • 9. a separate, detailed explanation for each identified issue of patentability, in order to determine whether the submitted items of information are appropriate for supplemental examination, and to better analyze the information submitted with the request (§1.610(b)(8))
  • 10. a copy of the patent for which supplemental examination is requested, and a copy of any disclaimer, certificate of correction, certificate of extension, supplemental examination certificate, post grant review certificate, inter partes review certificate, or ex parte or inter partes reexamination certificate issued for the patent (§1.610(b)(9))
  • 11. a copy of each item of information listed in § 1.610(b)(4), accompanied by a written English translation of all of the necessary and pertinent parts of any non-English language document (§1.610(b)(10)) 
  • 12. a summary of the relevant portions of any submitted document (including patent documents), other than the request, that is over 50 pages in length (§1.610(b)(11))
  • 13. a submission by the patent owner in compliance with § 3.73(b) establishing the entirety of the ownership in the patent requested to be examined, as set forth in § 1.601(b) (§1.610(b)(12))


以下は、Press Release, 12-07*2 の抜粋です。

The United States Patent and Trademark Office (USPTO) is proposing rules of practice in patent cases to implement the supplemental examination provisions of the America Invents Act. The USPTO is also proposing to adjust the fee for filing a request for ex parte reexamination and to set a fee for petitions filed in ex parte and inter partes reexamination proceedings to more accurately reflect the cost of these processes. The USPTO published these proposed rules in the Federal Register today.

”The supplemental examination provisions will permit a patent owner to request supplemental examination of a patent by the USPTO to consider, reconsider, or correct information believed to be relevant to the patent,” said Under Secretary of Commerce for Intellectual Property and Director of the USPTO David Kappos. "These provisions could assist the patent owner in addressing certain challenges to the enforceability of the patent during litigation.”

Publication of the proposed rules for supplemental examination and reexamination fees in the Federal Register begins a sixty-day public comment period during which time the public may provide written input to the agency about the proposals. Further information about the proposed rules for supplemental examination and reexamination fees may be found in the Federal Register Notice available at www.uspto.gov/aia_implementation/77fr3666.pdf.



以 上


*1 LINK: http://www.uspto.gov/aia_implementation/77fr3666.pdf
*2 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2012/12-07.jsp

このページのトップへ