特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOがMicro Entityに関する規則改正案を公表

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2012年06月04日
(文責:新 井)

1.はじめに

Leahy-Smith America Invents Act (AIA)において、スモールエンティティ(“small entities”)よりも料金が更に大幅に低減されるマイクロエンティティ(“micro entities”)が新設されました。マイクロエンティティが以下の要件を充足すると、オフィシャル・フィーが75%も割り引かれます。


    【マイクロエンティティの要件】
  • スモールエンティティの要件を充足している。
  • 出願人または事業体の総収入がアメリカの年間平均世帯収入の3倍を超えない(2011年度の年間平均世帯収入に基づき、約 $150,000を超えない)。
  • アメリカの年間平均世帯収入の3倍を超える収入のある団体へ譲渡をしていないか、又はその予定がない。
  • 過去に5件以上の米国出願をしていない(雇用契約による譲渡の場合を除く。)。
  • 高等教育機関(米国の団体のみが該当)に雇用されていないか、譲渡の予定がないか、又は譲渡する義務がない。ただし、米国以外の高等教育機関で雇用されているか、譲渡の予定がある、又は 譲渡の義務がある出願人を含む出願の場合には該当しない。


2. 規則改正案の概要

USPTOは、2012年5月30日に、Leahy-Smith America Invents Actにおけるマイクロエンティティを実施するために、特許関連のプラクティスに係る規則改正案を官報に掲載しました。*1 出願人がマイクロエンティティと認定されると、特許関連のオフィシャル・フィーが75%減額されます。減額の対象は、出願、サーチ、実体審査、特許発行、審判、及び特許維持年金の各手続です。したがって、たとえばpost grant proceedings等の手続は対象外です。


出願人は、マイクロエンティティの申請を行うと共にマイクロエンティティ用の費用の支払を行います。なお、申請後にマイクロエンティティのステータスを喪失した場合には、その旨をUSPTOに通知し、必要に応じて支払済費用の訂正をすることが必要となります。


USPTOは、60日間のパブリックコメント受付期間(2012年7月30日まで)を設定し、広く意見を募集しています。2012年9月に最終規則が公表され、2013年会計年度の第1四半期に施行される予定です。



3. 規則改正案の留意事項

以下は、今回の規則改正案において留意すべき事項です。

  • The Office does not plan to provide advisory opinions on whether a particular entity is entitled to claim micro entity status.
  • If an application names more than one applicant, each applicant must meet the requirements for the applicants to file a micro entity certification in the application.
  • The Office is developing both paper and electronic forms for use by members of the public to provide a certification of micro entity status.
  • The procedures for claiming micro entity status require the filing of a certification of entitlement to micro entity status.
  • The Office does plan to rely upon the applicant’s certification of micro entity status (except where it conflicts with the information contained in the Office’s records, such as where Office records indicate that the applicant is named as an inventor on more than four previously filed and unassigned nonprovisional patent applications) and will not require any additional documents from the applicant concerning the applicant’s entitlement to claim micro entity status.
  • The procedures for paying fees as a micro entity provide that a micro entity certification need only be filed once in an application or patent, but that a fee may be paid in the micro entity amount only if the applicant or patentee is still entitled to micro entity status on the date the fee is paid.
  • The procedures pertaining to notifying the Office of loss of micro entity status and correcting payments of patent fees paid erroneously in the micro entity amount track the corresponding small entity provisions for notifying the Office of loss of small entity status and correcting payments of patent fees paid erroneously in the small entity amount.
  • Any attempt to fraudulently or improperly (i.e., with deceptive intent) establish status as a micro entity, or pay fees as a micro entity, shall be considered as a fraud practiced or attempted on the Office.
  • If status as a micro entity is established in good faith in an application or patent, and fees as a micro entity are paid in good faith in the application or patent, and it is later discovered that (a) such micro entity status either was established in error or (b) the Office was not notified of a loss of entitlement to micro entity status as required by paragraph (i) of this section through error, the error will be excused upon compliance with the separate submission and itemization requirements and the payment of the deficiency owed.


以 上



*1 LINK: https://www.federalregister.gov/articles/2012/05/30/2012-12971/changes-to-implement-micro-entity-status-for-paying-patent-fees


このページのトップへ