特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOとEPOによる共同特許分類が2013年1月1日から利用開始

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2012年10月29日
(文責:新 井)

1. はじめに

USPTOは、2010年10月25日に、European Classification system(ECLA)に基づいて new Patent Classification Systemを共同で作成し、両特許庁間で共通化することにEPOと合意しました。

その後、2011年2月4日、EPO とUSPTOとは、2010年12月29日にUSPTO主催のミーティングにおいて新たな共同特許分類(CPC)の方針で合意し、更に2011年1月24日~26日のEPOでのミーティングにおいて進展したことを発表しました*1 。


この共同特許分類システムは、国際特許分類(International Patent Classification (IPC) system)に基づくものであって、ヨーロッパ特許分類(European Classification system (ECLA))を基礎とし、特許調査を改善するために、国際特許分類よりも詳細なものにすることを意図するものです。


2011年10月25日付のPress Release, 11-58 *2 によれば、共同特許分類(CPC)の取り組みのための専用のウェブサイト*3 を新たに開設し、両特許庁スタッフ、他国の特許庁、産業、及び、ユーザコミュニティのために、上記プロジェクトの進展に関する情報源としての役割を果たすことが意図されていました。

CPCは、詳細なIPCに基づく計画であり、審査官が効率的に完全な特許サーチを行うことができるように意図されており、両特許庁の最良の特許分類プラクティスを具現化するものです。また、両特許庁は、CPCによって効率化が推進されイニシャティブが分担され、これにより無益な作業の重複を低減できると考えています。なお、USPTOとEPOの両特許庁は、2013年1月1日から上記共同特許分類の利用の開始を予定しています。



2.プロジェクトの内容

EPOは、2012年10 月 1 日にUSPTOとの間で共同特許分類(CPC)に関し、CPC専用のウェブサイト上で"CPC launch package"を公表しました。このパッケージには、全CPC scheme、CPC定義の最終版、及びECLA-to-CPC-to-IPC concordanceが含まれています。*4 なお、新しいclassification schemeに加えて、各セクション、CPC定義や一致に関する詳細な情報はダウンロードが可能です。*5 また、2013 年 1 月1日に CPCは発効される予定です。


CPC schemeは、International Patent Classification (IPC) systemの最新版に基づくものであるので効率的に先行技術調査が可能となり、セクションA~H、及びセクションY(新しい技術開発や横断技術に関するセクション)を含んでいます。 また、CPCにおいては、合計約250,000 の分類項目(classification symbols)が利用できるようになっていると共に、サブクラスでカバーされる発明主題も記載されます。各CPCは、対応するCPC定義を有します。CPC-to-IPCの一致は、ユーザが関連IPCエリアを見出すのに役立つと考えられています。


なお、2013 年 1 月1日の CPC発効前の2012 年 12 月前半にはEspacenetにおいて CPC が利用可能となり、これと同時に ECLA でのサーチができなくなる予定です。


以下は、2012年10月1日付のEPOによるPress releasesの抜粋です。


Major milestone reached in preparation for 1 January 2013 launch of Cooperative Patent Classification

Munich, 1 October 2012 -- The European Patent Office (EPO) and the United States Patent and Trademark Office (USPTO) are pleased to announce that the Cooperative Patent Classification (CPC) scheme and some finalised CPC definitions are now available in preparation for the 1 January 2013 official launch. The CPC is a joint project aimed at developing a common classification scheme for technical documents, in particular patent publications, which will be used by both offices in the patent granting process.     The EPO and USPTO have worked jointly to develop CPC, and the results are now being made available through a "CPC launch package", which includes the complete CPC scheme, any finalised CPC definitions and an ECLA-to-CPC-to-IPC concordance.

The CPC scheme is based on the latest version of the International Patent Classification (IPC) system, with sections A through H plus an additional section Y which includes new technological developments and cross-sectional technologies. There are approximately 250 000 classification symbols available in the CPC. The CPC definitions will be available for every CPC subclass and will contain a description of the technical subject-matter covered in the subclass. Eventually, each CPC subclass will have a corresponding CPC definition that will be continuously maintained. The CPC-to-IPC concordance will help users find the relevant IPC area on which the CPC is based.

The website, www.cpcinfo.org, contains detailed information about the new classification scheme, including downloadable sections of the scheme, CPC definitions and concordances. It also provides information on the progress of the project, offering presentation materials and other useful information for our stakeholders, including other patent offices worldwide, industry and users.



*1 LINK: http://www.epo.org/topics/news/2011/20110204.html
*2 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2011/11-58.jsp
*3 LINK: http://www.cooperativepatentclassification.org/index.html
*4 LINK: http://www.epo.org/news-issues/press/releases/archive/2012/20121001.html
*5 LINK: http://www.cooperativepatentclassification.org/index.html;jsessionid=z1cn5u11ims7

このページのトップへ