特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国優先審査(Prioritized Examination)に関する暫定的ルール改正

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2014年03月24日
(文責:新 井)

1. はじめに

USPTOは、優先審査の請求件に対して12ヶ月以内 ”final disposition”の状態にすることを目標とし、2011年9月26日以降に出願された特許出願を対象として実施してきました。その後、優先審査の適用対象がRCEにも拡大されました(37 CFR 1.102(e))。

優先審査を受けるためには、請求人は次のような要件(a)~(g)を充足する必要があります。

  • (a) 優先審査を受ける出願がutility or plant nonprovisional application(継続出願および分割出願を含む。)であり且つ電子出願であること。ただし、国際出願(国内段階移行出願を含む。)、意匠出願、再発行出願、仮出願、及び再審査出願は適用対象範囲外です。なお、優先審査を受ける特許出願に対しては、12ヶ月以内に最終的な処* 分が行われます。
  • (b) 全クレーム数は30個以内であると共に、独立クレーム数は4個以内であること。ただし、多項従属クレームは認められない。
  • (c) Oath or Declarationに署名しない発明者が存在しないこと(37 CFR 1.47)。
  • (d) the filing, search, examination, processing, and publication fees等以外に、$4,000(Official Fee)の手続費用を支払うこと。なお、マイクロエンティティの適用はない。
  • (e) 優先審査を請求する米国特許出願は電子出願されていること。
  • (f) 2011 年12 月19 日以降にファイルされた当該RCE(under 35 U.S.C. 132(b) and 37 CFR 1.114)が通常の米国特許出願(under 35U.S.C. 111(a))およびPCT出願の米国国内段階移行出願から派生したものであること(バイパス継続性出願)。但し、一つの出願で2つ以上のRCEがファイルされていた場合には、本優先審査の対象とはされません。
  • (g) 優先審査は、RCE のファイルと同時またはRCE のファイルに請求すること(通常の米国特許出願に対して優先審査を請求する場合には、出願と同時に、優先審査を請求することが必要。ただし、出願日に自発補正をファイルすることはできない。)。

しかしながら、実際には、上記要件のうち、(b)(c)(d)充足しない請求件が少なくない状況にあります。そこで、これらの要件を緩和するように暫定的なルール改正を行いました* 。これにより、優先審査の対象から外れていた請求件数を減少させて優先審査処理を迅速に実施すると共に、優先審査を利用しやすいようにすることが期待されています。




2. ルール改正の概要

今回のルール改正により、一部の要件(前記の(b)(c)(d))が次のように緩和されます。

具体的には、以下のとおりです。

    【緩和される要件】

  • 要件(b)……notification of noncomplianceの受領後、30個を超えるクレーム、4個を超える独立クレーム、及び/又は多項従属クレームをキャンセル/補正する旨の amendmentをファイルするために、1ヵ月の期間延長(1回限りの期間延長)が認められる。
  • 要件(c)……発明者がOath or Declarationに適切に署名していない場合、37CFR1.53(f)(3)(i)に規定の条件を充足する署名済のapplication data sheetを特許出願が出願時点で含んでいることを前提として、追完が認められる。
  • 要件(d)……超過クレーム(30個を超えるクレーム、及び/又は4個を超える独立クレーム)費用(37CFR 1.16(h), (i), or (j))またはapplication size fee(37CFR1.16(s))は、出願時点で支払われている必要(37CFR1.53(f)(4)に規定されている)がなくなる。

なお、本ルール改正の施行日および出願対象は以下のとおりです。

・ 施行日:2014年3月5日

・ 対象となる出願: 2012年9月16日以降に35 U.S.C. 111(a)下でファイルされた特許出願であって、First Actionが未だ発行されていない特許出願




以 上



*1 許可通知、最終拒絶、審判請求書のファイル、USPTOのBPAIによるインターフェアランス宣言、RCEのファイル、又は出願の放棄を含む。
*2 LINK: http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2014-03-05/pdf/2014-04806.pdf

このページのトップへ