特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

Supplemental Declaration

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成17年02月14日
(文責:新 井)

1.Declaration(宣誓書)
 ご承知のように、出願前に、発明者が英文明細書、クレーム、及び図面に目を通し、自ら発明した内容が記載されていることを確認した上でDeclarationに署名をし、この署名済みのDeclarationがUSPTOにファイルされます。

2.Supplemental Declaration
 上記署名済みのDeclarationがファイルされた後、出願の審査経過における補正の結果、クレーム数に増減が生じることがあります。このような場合、クレーム発明の発明者に変更が生ずることがあります。
このように出願後の審査過程における補正に伴い、出願時とは異なる請求の範囲となり、Supplemental Declarationのファイルが必要な場合があります。以下に具体的な例を挙げて説明します。

【例1】
 (出願時のクレーム形態)
  Claim1~Claim10:発明者A+発明者B+発明者C
  Claim11~Claim20:発明者A+発明者C
             ↓
 (補正後のクレーム形態)
 Claim11~Claim20:発明者A+発明者C(補正によりクレーム1~10をキャンセル)

 上記例1の場合、出願時のDeclaration(3人が署名済み)に対して、発明者Bを削除したSupplemental Declaration をファイルすることが必要です。

【例2】
 (出願時のクレーム形態)
  Claim1~Claim10:発明者A+発明者B+発明者C
  Claim11~Claim20:発明者A+発明者C
             ↓
 (補正後のクレーム形態)
 Claim1~Claim10:発明者A+発明者B+発明者C(クレーム11~20をチャンセル)

 上記例2の場合、出願時のDeclaration(3人が署名済み)に対して、Supplemental Declaration をファイルする必要はありません。

3.Supplemental Declaration のファイル時期
 プロセキューション時は勿論のこと、特許発行後でも、Supplemental Declaration をファイルすることが可能です。

後日、侵害訴訟の相手方(被疑侵害者)から追加クレームが本件特許の発明者による発明ではないと異議を唱えられないためにも、発明者の記憶のフレッシュなうちにSupplemental Declaration をできるだけ早期にファイルすることが好ましいと言えます。


以 上

このページのトップへ