特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国Enhanced First Action Interview Pilot Programの実施期間延長

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年05月06日
(文責:新 井)

1.はじめに
米国のEnhanced First Action Interview Pilot Program(以下、パイロットプログラムという。)は、2009年10月20日に実施され、その後、実施期間が6ヶ月間延長され(2009年4月1日まで延長)ました。今回、2010年4月7日に、USPTOの長官は、実施期間を更に6ヶ月間延長することを通達しました*1 。

2.パイロットプログラムの利点と実施対象
このパイロットプログラムによれば、出願人は、審査官による従来技術サーチの結果を示すpre-interview communication の検討後に、審査官と個人面談が行えます。このパイロットプログラムへの参加者には次のような利点があるとされています。
(1)早期審査化
(2)出願人と審査官との間の相互関係の促進化
(3)審査の初期段階で、一対一で審査官との間で特許性の問題について解決する機会を出願人に付与
(4)早期の特許付与をスムーズにする機会を出願人に付与

 パイロットプログラムの適格性と要件とが充足されることを前提に、2010年10月1日前に請求された案件に対してパイロットプログラムへの参加が許可されます。 以下は抜粋文です。
The United States Patent and Trademark Office (USPTO) published a notice to implement the Enhanced First Action Interview Pilot Program. See Enhanced Firsf Action Interview Pilot Program, 1347 08 Off. Gaz. Pat. Ofice 173 (October 20,2009). Under the program, participants are permitted to conduct an interview with the examiner after reviewing a Pre-Interview Communication providing the result of a prior art search conducted by the examiner. Participants experienced many benefits including: (1) the ability to advance prosecution of an application; (2) enhanced interaction between applicant and the examiner; (3) the opportunity to resolve patentability issues one-on-one with the examiner at the beginning of the prosecution process; and (4) the opportunity to facilitate possible early allowance. The USPTO indicated in the Enhanced First Action Interview Pilot Program notice that the program would last for a period ending on April 1, 2010. The USPTO is extending the Enhanced First Action Interview Pilot Program for six months. Therefore, any request for a First Action Interview filed before October 1, 2010, will be granted if all of the requirements set forth in the Eligibility and Requirements sections of the Enhanced First Action Interview Pilot Program notice are satisfied.


以 上


*1 LINK: http://www.uspto.gov/patents/law/notices/extension_fai_20100407.pdf

このページのトップへ