特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国特許審査ハイウェイプログラムへの参加手数料の無料化

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年05月24日
(文責:新 井)

1.はじめに
 2006年以来、USPTOは、特許審査ハイウェイ(Patent Prosecution Highway)プログラムを実施し、多くの外国特許庁との間でワークシェアリングを行うことによって係属出願数および未処理件数の削減化を図ってきました。これにより、特許庁間で審査の重複を避けることができるとともに、審査の質の向上も図られています。また、特許審査ハイウェイプログラムを利用した場合、平均して、審査に要する時間が短縮されることも明らかとなっています。

2.Patent Prosecution Highway Petition Feeの無料化
USPTOは、Press Release, 10-18において、次のことを公表しました *1 米国ました。すなわち、2010年5月20日、USPTOは、特許審査ハイウェイ(Patent Prosecution Highway)プログラムに参加する際に必要なpetition(申請手数料)を無料化する旨を公表しました。
この無料化は、より多くの出願人が特許審査ハイウェイプログラムに参加し、これを有効に利用してもらうための措置です。上記プログラムを利用者にとってより使い勝手の良くものとすることによって、より多くの特許出願人が上記プログラムに参加することを促し、審査の品質向上と審査に要する時間の短縮の双方を最大限に高めるというUSPTOの目標をサポートすることが企図されています。以下は抜粋文です。

【Press Release, 10-18】
Washington—The Department of Commerce’s United States Patent and Trademark Office (USPTO) today announced it would eliminate the fee for the petition to participate in Patent Prosecution Highway (PPH) programs. The elimination of the PPH petition fee is expected to encourage greater PPH participation by patent applicants.

“Patent Prosecution Highway programs have great potential to reduce unnecessary duplication of work between offices, reduce pendency and improve quality,” said Under Secretary of Commerce for Intellectual Property and Director of the USPTO David Kappos. “By eliminating the petition fee, we expect to see more applicants take advantage of PPH.”

PPH applications have proven to take significantly less time to prosecute, on average, than non-PPH applications. Using the PPH process also increases the sharing and re-use of information (primarily search and examination results) between the USPTO and its partner patent offices. Improving the PPH framework to make it more user-friendly, and thereby encouraging greater participation by applicants, would support the Office’s goal to optimize both the quality and timeliness of patents.

Since 2006, the USPTO has entered into PPH agreements with the patent offices of Australia, Canada, Denmark, Finland, Germany, Japan, Korea, Singapore, The United Kingdom and the European Patent Office (EPO).

Under the PPH program, if an application filed in an Office of First Filing (OFF) receives an indication that at least one claim is patentable, a corresponding application with corresponding claims filed in the USPTO as the Office of Second Filing (OSF) may be advanced out of turn for examination. To have the request for participation in the PPH accepted in the USPTO, an applicant must make available to the USPTO the relevant work of the OFF as well as any necessary translation.

以 上


*1  従来、特許審査ハイウェイに参加するために、出願人は申請手数料(130ドル)の支払が必要とされていました。
LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2010/10_18.jsp

このページのトップへ