特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

大量の米国特許および米国商標のデータがGoogle によって公衆に提供される

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年06月07日
(文責:新 井)

USPTO とGoogle とが2年契約を締結しました。これにより、Google は、大量の米国特許データ及び米国商標データを公衆に提供することができるようになります(2010年6月2日付のUSPTO のpress release *1 を参照)。

上記契約によれば、Google は、週1回の頻度で無料且つ無修正にて公衆に大量の米国特許データ及び米国商標データ(少なくともここ10年間のデータ)を提供することになっています(但し、1996年前の古いデータについては年1回の頻度で提供される予定です。)。

また、将来は、USPTO と Google とは協力して米国特許ファイルヒストリや米国商標ファイルヒストリ等の付加的データについても公衆に入手できるようにすることを考えています。


以下は、2010年6月2日付のpress releaseの抜粋です。


【Press Release, 10-22】
Washington – Under Secretary of Commerce and Director of the United States Patent and Trademark Office (USPTO) David Kappos announced today that the USPTO has entered into a no-cost, two-year agreement with Google to make bulk electronic patent and trademark public data available to the public in bulk form. Under this agreement, the USPTO is providing Google with existing bulk, electronic files, which Google will host without modification for the public free of charge. This bulk data can be accessed at http://www.google.com/googlebooks/uspto.html.


The USPTO does not currently have the technical capability to provide this public information in a bulk machine readable format that is desired by the intellectual property (IP) community. This arrangement is to serve as a bridge as the USPTO develops an acquisition strategy which will allow the USPTO to enter into a contract with a contractor to retrieve and distribute USPTO patent and trademark bulk public data. The contractor will be capable of acquiring this bulk data and providing it to the public.
“We’re happy to work with the USPTO to make patent and trademark data more accessible and useful,” said Jon Orwant, Engineering Manager for Google. “It’s important to make public data easier to gather and analyze. And when the data is free, that’s even better.”


Until now, USPTO’s public data in bulk form has been provided solely as a fee-based service. The USPTO estimates that nearly ten terabytes of information will be made available. Examples of the type of data that will be available through Google include:

* Patent grants and published applications
* Trademark applications
* Trademark Trial and Appeal Board (TTAB) proceedings
* Patent classification information
* Patent maintenance fee events
* Patent and Trademark assignments


The USPTO and Google will be working together to make additional data available in the future, including patent and trademark file histories and related data.

以 上


*1 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2010/10_22.jsp

このページのトップへ