特許事務所 バイオ知財情報
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


バイオ知財情報
バイオ知財情報 特許事務所 バイオ知財情報
副所長 弁理士    黒田 敏朗
バイオ知財情報室長 長谷川 和哉
代表電話
FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664

平成18年(ネ)第10074号(特許法における「発明者(共同発明者)」の意義)

【判示事項】
控訴人が本件発明の技術的思想の創作行為に現実に加担したということはできず,控訴人を本件発明の発明者であると認めることはできない。

【判決要旨】
 本件発明に係る化合物の合成そのものを担当していたのは合成系研究者であるから,生物系研究者である控訴人が本件発明の技術的思想の創作行為に現実に加担したというには,単に本件発明に係る化合物の生物活性の測定及びその分析等に従事しただけでは足りず,その測定結果の分析・考察に基づき,新たな化合物の構造の選択や決定の方向性について示唆を与えるなど,化合物の創製に実質的に貢献したと認められることを要するというべきである。

【判決日】平成19年03月15日
【裁判所】 知的財産高等裁判所
【事件番号】平成18(ネ)10074
【判決要約担当者】弁理士 今野 信二
【判決全文URL】
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070319090801.pdf


このページのトップへ