新興国情報
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


新興国情報
新興国情報
( BRICs , VISTA , etc )
特許担当者
意匠・商標担当者

: 鶴田 健太郎 (東京在籍)
: 五位野 修一 (東京在籍)

東京本部TEL
: 03 - 3433 - 5810
東京本部FAX
: 03 - 3433 - 5281
大阪本部TEL
: 06 - 6351 - 4384
大阪本部FAX
: 06 - 6351 - 5664
E-mail

     
     

§ブルネイ・ダルサラーム国(Brunei Darussalam)知的財産情報§



(マレーシアの内側に位置を占める)


1.基本情報
面積 5,765平方キロメートル(三重県とほぼ同じ)
人口 40.6万人(2013年)
首都 バンダルスリブガワン
民族 マレー系65.8%,中華系10.2%,その他24.0%(2013年)
言語 公用語はマレー語。英語は広く通用する。
宗教 イスラム教(国教)(67%),仏教(13%),キリスト教(10%),その他(10%)
通貨 ブルネイ・ドル(1ブルネイ・ドル=約86.6円(2015年2月下旬時点))

ブルネイは、TPPにおける2006年の発効時のメンバーである。主要産業は石油・天然ガスであり、最大の輸出国は日本である。近年は、エネルギー資源への依存から脱却すべく、経済の多様化を目指している。



2.知的財産権の概要

2000年頃から、ブルネイは知的財産権に関する各種法律を、国際基準に従った形で整備してきている。特に、特許法は、2011年の全面改正により、従前の他国の特許に基づく特許(いわゆる、確認特許)から、独自に権利を付与する特許制度に整備された。また、以下のように、知的財産権に関わる条約に次々に加入している。

1994年02月21日 世界知的所有権機関を設立する条約
1995年01月01日 世界貿易機関(WTO)-知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)
2006年08月30日 文学的および美術的著作物の保護に関するベルヌ条約
2012年02月17日 工業所有権の保護に関するパリ条約
2012年07月24日 特許協力条約
2012年07月24日 特許手続上の微生物の寄託の国際承認に関するブダペスト条約
2013年12月24日 意匠の国際登録に関するハーグ協定
2017年01月06日 標章の国際登録に関するマドリッド協定議定書

以上のように、ブルネイの知的財産権の保護状態は、近年大きく改善しつつあり、2013年には、スペシャル301条の監視国から除外された。

TPP交渉において、米国は知的財産権の保護強化を求めているため、この流れはさらに進む可能性がある。



3.特許制度の概要
出願・審査・登録/公告・審判等
※言語は、マレー語または英語
※PCTは30ヶ月以内に要移行(2ヶ月の翻訳猶予有り)
※グレースピリオド有り(12ヶ月)




※方式審査のみ。実体審査は行われない。





※権利期間は、出願から20年(延長制度有り)






※特許庁に対し、特許取消命令の申請可能


4.意匠制度の概要
出願・審査・登録/公告・審判等
※部分意匠制度・組物の意匠制度・秘密意匠制度有り
※グレースピリオド有り(12ヶ月または6ヶ月)





※方式審査のみ。実体審査は行われない。






※権利期間は、出願から5年。5年ずつ2回まで更新可能。





※裁判所に対し、意匠の無効を申し立てることができる。

・出願から登録まで約12~18週間。


出願時に必要となる書類

  • 願書
  • 出願する意匠の解説書(7組)


5.商標制度の概要
出願・審査・登録/公告・審判等
※保護対象は、商品・サービスマーク・証明標章・団体商標
※商標の種類は、文字商標・図形商標・記号商標・立体商標・
 結合商標・色彩商標・匂い、音等




※実体審査有り





※登録前の異議申立制度有り。公告から3ヶ月以内に、異議申し立て可能
※権利期間は、出願から10年。10年ずつ更新可能。




※登録から5年以内に、特許庁または裁判所に対し、
 商標の無効を申し立てることができる。
※ブルネイにおいて5年間不使用の場合、取消の申請可能

・多区分制度の採用

・更新期間:期限満了の6か月前より。


出願時に必要となる書類

  • 願書
  • 鮮明な標章の写し
  • 出願人の氏名、国籍及び登記簿上の住所
  • 指定商品
  • (標章が色彩からなる場合)色彩の説明
  • (標章が英語以外の言語である場合)その標章の正式な音訳及び翻訳
  • (優先権を主張する場合)優先権証明書の写し 優先権証明書が英語以外の言語で記されている場合にはその英訳


参考文献

・外務省ホームページ

・日本貿易振興機構「ブルネイ下位法令調査」2015年6月

・Trademarks in Brunei Darussalam -General Information (NJQ & Associates)
http://njq-ip.com/country/brunei-darussalam/trademarks/

・Want to register your IP? - IP Hall
http://www.iphall.com/

・IP Factsheet: Brunei Darussalam -South-east Asia IPR SME HELPDESK





担当弁理士


特許部 課長
弁理士/特定侵害訴訟代理人
スペシャリスト
鶴田  健太郎 (つるた けんたろう)
1976年生まれ 生物化学専攻
研究経験:分子発生学、ゲノムデータベース
専門分野:バイオテクノロジー、ソフトウェア

科学技術、特許制度、ともに変化が激しい世界ですが、
お客様が価値ある特許権を獲得されるお手伝いができればと日々研鑽しております。



弁理士
五位野 修一 (ごいの しゅういち)
法学部出身
特許庁商標課で調査員として3年間、業務に従事。

特許庁で培った経験を糧に、日々自己研鑽に励み、お客様の多種多様なビジネス
のお役に立てるよう、精一杯努力してまいります。



このページのトップへ