特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOが査定系審判手続を簡素化して効率化するための改正ルールを官報に掲載

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2011年12月05日
(文責:新 井)

1. はじめに

審判手続のルールを順守しないbriefs やanswersが審判手続を著しく遅延させる原因になっています(2011年10月の時点で、出願から審決までに要する平均月数は、81.8ヵ月*1 )。


審判手続を簡素化して効率化するために、2010年11月15日に、USPTOは2008 Final Rule を廃止し、提案に対するコメントを広く一般に募集する旨のNotice*2 を発表、広く一般にコメントを求めていました(提出期限は、2011年1月14日)。


このたび、USPTOは、2011年11月22日に、査定系審判手続に係る改正ルールを官報に掲載しました*3 。以下に留意すべき改正点について簡単に説明します。



2.留意すべき改正点

USPTOは、査定系審判手続に係る改正ルールを官報に掲載しており、留意すべき事項は以下のとおりです。なお、2012年1月23日以降にNotice of Appealがファイルされた審判が、本改正ルールの適用対象となります。


  • (1) 審判請求人が補正によりキャンセルしない限り、拒絶クレームを審判の対象と推定する。(The Board will presume that an appeal is taken from the rejection of all claims under rejection unless cancelled by an amendment filed by appellant (final Bd.R. 41.31(c)).)
  • (2) Reply Briefのファイル時 またはReply Brief のファイル期限のいずれか早い方の時点で審判部が管轄する。(the Board will take jurisdiction upon the filing of a reply brief or the expiration of time in which to file such a reply brief, whichever is earlier (final Bd.R. 41.35(a)).)
  • (3) クレームのステータスの陳述、補正のステータスの陳述、及び審判において審理される拒絶理由の陳述に係る要件を廃止すると共に、Evidence Appendix 及び関連手続の付属書に係る要件を廃止する。(the requirements to include statements of the status of claims, status of amendments, and grounds of rejection to be reviewed on appeal and the requirements to include an evidence appendix and a related proceedings appendix are eliminated from the appeal brief (final Bd.R. 41.37(c)).)
  • (4) 実質的利益当事者の陳述、または関連件の陳述がBriefに記載されていない場合、Default Assumptions を適用する。(the Board may apply default assumptions if a brief omits a statement of the real party-in-interest or a statement of related cases (final Bd.R. 41.37(c)(1)(i) and (ii)).)
  • (5) Examiner’s Answer の目的で、Office Action において依拠され審判の対象となった証拠ではなく、Office Action において依拠されなかった証拠に依拠する拒絶は、新たな拒絶理由とされる。(for purposes of the examiner’s answer, any rejection that relies upon Evidence not relied upon in the Office action from which the appeal is taken (as modified by any advisory action) shall be designated as a new ground of rejection (final Bd.R. 41.39(a)(2)).)。
  • (6) 審判請求人は、Examiner’s Answer における拒絶が新たな拒絶理由であることを再考してもらうためのPetitionに対する決定が下された後にReply Brief をファイルすることができ、これにより、Reply Brief をファイルするための期間延長を回避できる。(an appellant can await a decision on a petition seeking review of an examiner’s failure to designate a rejection in the answer as a new ground of rejection prior to filing a reply brief (final Bd.R. 41.40) and thereby avoid having to file a request for extension of time in which to file the reply brief.)
  • (7) Reply Brief に対するExaminer’s Response を廃止する。(the examiner’s response to a reply brief is eliminated (final Bd.R. 41.43 [removed]).


以 上



*1 LINK: http://www.uspto.gov/dashboards/patents/main.dashxml
*2 LINK: http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2010-11-15/pdf/2010-28493.pdf
*3 LINK: http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2011-11-22/pdf/2011-29446.pdf


このページのトップへ