特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOによる改正特許法(AIA)に係るルール改正案(4)-Post-grant Review

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2012年02月20日
(文責:新 井)

1. はじめに

2012年02月07日に、Appeal Boardが行うLeahy-Smith America Invents Act下のnew trial proceedings(2012年09月16日施行分)を実施するためのルール改正案のパッケージを公表しました。*1 このパッケージには、Inter Partes Review *2 やPost-grant Review が含まれており、 これらの手続は、発行済の特許を無効にする機会をcompetitors に付与するものです。なお、USPTOは、上記のルール改正案に対してもパブリックコメント期間が設けられ(2012年4月10日に)、パブリックコメントが検討された後に正式にルールが決定される予定です。


以下に、Post-grant Review に係るルール改正案について説明します。


Post-grant Reviewのルール改正案*3

(2-1) 主体的要件(37 CFR 42.201-Who may petition for post-grant review)

何人も可能(特許権者を除く。)。但し、次の条件を満たす場合を除く。


  • (a) Before the date on which the petition for review is filed, the petitioner or real party in interest filed a civil action challenging the validity of a claim of the patent; or
  • (b) The petitioner, the petitioner’s real party in interest, or a privy of the petitioner is estopped from challenging the claims on the grounds identified in the petition.


(2-2) 時期的要件(37 CFR 42.202-Time for filing)

特許付与後9ヶ月以内、又は再発行特許発行後9ヶ月以内であれば、利害関係のある実際の当事者を特定することが前提(特許権者不可。匿名不可。)で、異議申立請求が可能である。但し、再発行特許のオリジナル特許に存在するクレームと同じか又は狭いクレームの削除を異議申立において請求しないことが前提(37 CFR 42.202(a))。



◆時期的要件の例外

金融サービス業界用のビジネス方法特許については例外がある。ビジネス方法特許に係る特許付与後の異議申立手続においては、現在の特許又は将来の特許を問わず、新法施行日から1 年後(2012年9月16日)に請求することができ、また、特許付与から9ヶ月経過した後であっても請求することができる。



(2-3) 請求可能総数(37 CFR 42.202(b))

特許庁長官は、2016年9月16日までの4年間に限り、1年間に請求(petitions)できるPost-grant Reviewsの総数を制限できる。この場合、総数を越えて請求された案件は手続の対象から外される。



(2-4) 手続手数料(37 CFR 42.203)

所定の手数料を支払わないと請求日(filing date)を確保できない。

  • (a) A post-grant review fee set forth in37 CFR 42.15(b) must accompany the petition.
  • (b) No filing date will be accorded to the petition until full payment is received.

petitionにおいて所定費用の不払い等の瑕疵があれば、the notice of an incomplete petitionが発行され、それから1ヶ月以内かPost-grant reviewの手続期限のうちの早い方までに瑕疵が補正されなければ、本件請求は取り下げられたものとみなされる (37 CFR 42.206(b)) 。



(2-5) 異議理由の根拠(37 CFR 42.204-Content of petition)

異議理由は特許または刊行物を根拠とする場合(35 USC §102と35 USC §103を根拠とする場合)に限られる(37 CFR 42.102(b)(2))。

-The petition must certify that the petitioner has standing to seek post-grant review and provide a statement of the relief requested, including the specific statutory grounds permitted under 35 U.S.C. 282(b)(2) or (3) on which the challenge to the claim is based, and how each challenged claim is to be construed. (37 CFR 42.204). Grounds for seeking post-grant review include 35 USC§102, §103, §112, and 35 USC§101, except best mode.


クレーム毎にstatement of the precise reliefを提示する(37 CFR 42.202(b)))。


    【statement of the precise reliefにおいて特定すべき事項】
  • (1) The claim;
  • (2) The specific statutory grounds permitted under 35 U.S.C. 282(b)(2) or (3) on which the challenge to the claim is based;
  • (3) How the challenged claim is to be construed. Where the claim to be construed contains a means-plus-function or step-plus-function limitation as permitted under 35 U.S.C. 112, sixth paragraph, the construction of the claim must identify the specific portions of the specification that describe the structure, material, or acts corresponding to each claimed function;
  • (4) How the construed claim is unpatentable under the statutory grounds identified in paragraph (b)(2) of this section. Where the grounds for unpatentability are based on prior art, the petition must specify where each element of the claim is found in the prior art. For all other grounds of unpatentability, the petition must identify the specific part of the claim that fails to comply with the statutory grounds raised and state how the identified subject matter fails to comply with the statute; and
  • (5) The exhibit number of the supporting evidence relied upon to support the challenge and state the relevance of the evidence to the challenge raised, including identifying specific portions of the evidence that support the challenge. The Board may exclude or give no weight to the evidence where a party has failed to state its relevance or to identify specific portions of the evidence that support the challenge.


(2-6) Post-grant Reviewの開始が認められるか否かの判断基準(37 CFR 42.208 Content of petition)

従来技術に係る理由に限定されるものではなく、いかなる不特許性事由も異議申立理由となり得る。

特許付与後の異議申立が認められるか否かの判断基準は、現行の判断基準(”substantially new question of patentability”)よりも高い5割を超える確率で(“more likely than not”)少なくとも一つのクレームが特許性を有していないか否かである。つまり、特許付与後の異議申立に適用される証拠の基準は、証拠の優越(“preponderance of evidence”)である。


    【Post-grant Reviewの開始】
  • (a) When instituting post-grant review, the Board may authorize the review to proceed on all or some of the challenged claims and on all or some of the grounds of unpatentability asserted for each claim.
  • (b) At any time prior to institution of post-grant review, the Board may deny some or all grounds for unpatentability for some or all of the challenged claims. Denial of a ground is a Board decision not to institute post-grant review on that ground.
  • (c) Sufficient grounds. Post-grant review shall not be instituted for a ground of unpatentability, unless the Board decides that the petition supporting the ground would, if unrebutted, demonstrate that it is more likely than not that at least one of the claims challenged in the petition is unpatentable. The Board’s decision will take into account a preliminary patent owner response where such a response is filed.
  • (d) Additional grounds. Sufficient grounds under § 42.208(c) may be a showing that the petition raises a novel or unsettled legal question that is important to other patents or patent applications.


(2-7) 特許権者による自発応答(37 CFR 42.220)

特許権者は、未だ否定されていない異議理由を提示している petition に対して応答することが可能である。特許権者による応答は、37 CFR 42.24に規定のページ数の制限下で opposition としてファイルされる(37 CFR 42.220(a))。

異議申立人の petition に対して特許権者が行う応答期限がBoardの命令において記載されていない場合、応答期限は post-grant review の開始が決定された日から2ヵ月以内とする(37 CFR 42.220(b))。



(2-8) 特許権者による補正(37 CFR 42.221)

特許権者は、Board との協議後にのみ one motion to amend a patent をファイルすることができる。更なる motions to amend a patent は、事前に Board の許可を得ておく必要がある。

    A motion to amend must set forth (37 CFR 42.221 (b)):
  • (1) The support in the original disclosure of the patent for each claim that is added or amended; and
  • (2) The support in an earlier filed disclosure for each claim for which benefit of the filing date of the earlier filed disclosure is sought.
  • A motion to amend the claims of a patent will not be authorized where (37 CFR 42.221 (c)):
  • (1) The amendment does not respond to a ground of unpatentability involved in the trial; or
  • (2) The amendment seeks to enlarge the scope of the claims of the patent or introduce new subject matter.


(2-9) その他の留意事項

  • 異議申立手続には、”estoppel”が適用される。すなわち、後日、当該請求人は、同じクレーム発明に対するUSPTOにおけるあらゆる手続に関与することが禁じられると共に、侵害訴訟等において、上記異議申立手続中にクレーム発明に対して提起された又は提起し得たであろう事項を争点として、再度同じクレーム発明に関して争うことはできない。ただし、当事者間で和解した場合には、”estoppel”が適用されることはない。
  • 技術的且つ法律的な知見を有する判事3 名の合議体で審議され、訴訟におけるディスカバリ手続よりも限定された範囲のディスカバリ手続が想定されている(”Discovery is limited to evidence directly related to factual assertions made by either party.” Requests for additional discovery in a post-grant review may be granted upon a showing of “good cause” (37 CFR 42.224) )。
  • 1年以内(最長1年半以内)に最終的な決定が下される。
  • 異議決定に不服の場合、請求人は、CAFCに直接控訴できる。
  • 後日、第三者によって訴訟が提起された場合、限定された条件下で自動的に異議申立手続は中断される。
  • 第三者は、特許付与後の異議申立手続及び当事者系の異議申立手続を請求できると共に、各手続に参加することができる。


以 上



*1 Link: http://www.uspto.gov/news/pr/2012/12-11.jsp
*2 Link: http://www.uspto.gov/aia_implementation/77fr7041nprm.pdf
*3 Link: http://www.uspto.gov/aia_implementation/77fr7060nprm.pdf
このページのトップへ