特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

First Action Interview Pilot Program

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成20年04月21日
(文責:新 井)

1.はじめに
USPTOは、後述する要件を満たす特許出願(再発行特許出願および仮出願を除く。)に関し、First Action Interview Pilot Programを2008年4月28日から6ヶ月間の期間限定で実施することを公表しました(http://www.uspto.gov/web/offices/com/speeches/08-17.htm)。このプログラムの目的は、First Office Action前にインタビューを行い、出願人と審査官の間における情報交換の促進と問題の早期解決とを行うことによって、係属期間の短縮化を図ると共に特許の質向上を図ることにあります。プログラム実施の結果、特に問題がない場合、このプログラムは正式なプラクティスとして導入されます。

2.適用対象
First Action Interview Pilot Programの適用を受けることができる特許出願は次の2つのグループに限定されると共に特許出願のクレーム数についても、独立クレームが3個と従属クレームが20個まで(multiple dependent claimsを除く。 )に限定されています。

・ Group I: Filed on or before September 1, 2005, and prior to a first action on the merits; Classified in Class 709 (Electrical Computers and Digital Processing Systems: Multi-Computer Data Transferring); and Assigned to an art unit in either working group 2140 (group art unit 214x) or 2150 (group art unit 215x)

・ Group II: Filed on or before November 1, 2006, and prior to a first action on the merits; Classified in Class 707 (Data Processing: Database and File Management or Data Structures); and Assigned to an art unit in working group 2160 (group art unit 216x)Class707(data processing: database and file management or data structures).

なお、現行のルール(*) においても、First Office Action前に、インタビューを行うことは可能ですが、今回のパイロットプログラムは、現行の手続とは異なるものです。すなわち、現行ルール(* MPEP 713.02 Interviews Prior to First Official Action [R-6])によれば、First Office Action前のインタビューは、審査官の裁量事項であり、認められたとしても、関連従来技術を特定し、この従来技術に対して本願クレーム発明が特許性を具備していることを審査官に説明することが求められることもあります。


(*) A request for an interview prior to the first Office action is ordinarily granted in continuing or substitute applications. In all other applications, an interview before the first Office action **>is encouraged where< the examiner determines that such an interview would advance prosecution of the application. Thus, the examiner may require that an applicant requesting an interview before the first Office action provide a paper that includes a general statement of the state of the art at the time of the invention, and an identification of no more than three (3) references believed to be the "closest" prior art and an explanation as to how the broadest claim distinguishes over such references. See 37 CFR 1.133(a).

3.パイロットプログラムにおける手続の概要
・ 出願人は、担当審査官に対し、First Office Action前のインタビューを請求する。
・ 審査官は先行技術調査を行い、インタビューの通知(pre-interview communication)を出願人に発送する。この通知には拒絶理由等が含まれる。
・ 出願人は、上記通知の発行日から30日以内(期間延長不可)に、インタビューを行わないか、あるいはインタビューを行うと共に補正書および/または意見書をファイルするかを選択しなければならない。
・ インタビューを行い、その結果、全てのクレーム発明の特許性に関し審査官と合意に至った場合、Notice of Allowance が発行される。なお、特許性に関し合意に至らなかった場合には、First Action Interview Office action(本願特許出願においてFirst Office Action とみなされる。)が発行され、これに対して出願人は所定期間内(1ヶ月か30日のいずれか長い方)に応答しなければならない(非常に限られた場合にのみ期間延長が認められる)。
・ インタビューを行うことを希望しなかった場合には、すぐにFirst Action Interview Office action(本願特許出願においてFirst Office Action とみなされる。)が発行され、これに対して出願人は所定期間内(1ヶ月か30日のいずれか長い方)に応答しなければならない。


以 上

このページのトップへ