特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOが継続出願数制限等のFinal Ruleを撤回

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成21年10月13日
(文責:新 井)

1.USPTOによるFinal Rule撤回の公表
2009-10-08のPress Release, 09-21*1 において、USPTOは、CAFCにおいて争われている継続出願数制限等のFinal Ruleを撤回する旨を公表しました。

 上記のPress Release において、USPTOは、一方の控訴人であるGlaxoSmithKlineがUSPTOに協力して、控訴を取り下げ、連邦地方裁判所の判決が撤回されるようにしてくれたことに感謝している旨を表明しています。興味深いことには、他方の控訴人であるTafas は、控訴を取り下げることには同意せず、USPTOによる実体的な規則制定権を制限するという連邦地方裁判所の判決が支持されるべきである旨を主張しています。*2

次ページに”Press Release, 09-21”の抜粋文を記載します。

2.これまでの簡単な経緯
2008/04/01に継続出願数の制限等を含んだUSPTOのルール改正に対する訴訟(Tafas/GSK v. Dudas事件)で、バージニア州東部連邦地裁は、USPTOにルール改正の権限が無いこと等を根拠にFinal Rules改正が無効であるとする略式判決(Summary Judgment)を下しました。
これに対し、USPTOは、継続出願数等に関するFinal Rules改正を無効としたバージニア州東部連邦地裁の判決に対し、2008/9/24にCAFCに控訴することを決定し同地裁へ通知しました。

CAFCは、Final Rules改正(継続出願数の制限や1出願当たりのクレーム数の制限など)に関するUSPTOの権限についての争いに関し、2009年3月20日に判決を下しました。

すなわち、CAFCは、上記判決において、継続出願数を制限するRule 78 については、35 USC 120と抵触するため無効としましたが、その他のRule 75, 114, 265についてはUSPTOの権限内であるとし、地裁判決を破棄し、地裁へ差し戻しする判決を下しました。


USPTO Rescinds Controversial Patent Regulations Package Proposed by Previous Administration

Agency Files Joint Motion with Plaintiff GlaxoSmithKline to Dismiss Lawsuit Related to Regulations Affecting the Ability to Secure Patent Protection for Inventions

WASHINGTON — Under Secretary of Commerce for Intellectual Property and Director of the USPTO David Kappos has signed a new Final Rule rescinding highly controversial regulations, proposed by the previous administration, that patent applicants felt unduly restricted their capacity to protect intellectual property. The regulations, which addressed the number of continuation applications as well as the number of claims that could be included within each application, were published in the Federal Register in August 2007, but were enjoined and never came into effect.

The USPTO also announced that it will file a motion to dismiss and vacate the federal district-court decision in a lawsuit filed against the USPTO that sought to prevent the rules from taking effect. GlaxoSmithKline - one of two plaintiffs in the Tafas v. Kappos lawsuit - will join the USPTO’s motion for dismissal and vacatur.

“The USPTO should incentivize innovation, develop rules that are responsive to its applicants’ needs and help bring their products and services to market,” Kappos said. “These regulations have been highly unpopular from the outset and were not well received by the applicant community. In taking the actions we are announcing today, we hope to engage the applicant community more effectively on improvements that will help make the USPTO more efficient, responsive, and transparent to the public.”

"HARAKENZO more" are grateful to GlaxoSmithKline for working with us to file this joint motion to both dismiss the appeal and vacate the district court’s decision. This course of action represents the most efficient way to formally and permanently move on from these regulations and work with the IP community on new ways to take on the challenges these regulations were originally designed to address.”

以 上


*1 LINK: http://www.uspto.gov/news/09_21.jsp
*2 LINK: http://271patent.blogspot.com/2009/10/uspto-continuation-rules-dead-more-or.html

このページのトップへ