特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国における審査官とのインタビューを求める手続の簡素化

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年08月23日
(文責:新 井)

1. はじめに

Office Actionを受領した場合、審査官との間でインタビューの機会を持つことができます。この場合、通常、現地の代理人がインタビューに対応することになります。但し、First Office Actionの発行前は、継続出願の場合を除いて、認められません(MPEP § 713.02)。

現行手続においては、委任状またはauthorizationを提出すると共にApplicant Initiated Interview Request Form *1 に署名したものを提出することによって、登録済みの代理人(registered practioners)が出願人のために審査官とインタビュー(個人インタビューまたは電話インタビュー)を行うことができます。

これに対し、2010年7月16日に、上記のインタビューを行うための手続を改正する旨のNotice *2 をUSPTOが発行しました。


2. 改正内容

上記のNoticeによれば、改正後は、Applicant Initiated Interview Request Formに署名したものだけを提出すれば、登録済みの代理人であれば、出願人のために審査官とインタビュー(個人インタビューまたは電話インタビュー)を行うことができるようになります。したがって、委任状またはauthorizationを提出することが不要となります。


MPEP 405,713.04 and 713.05は、今回の改正を反映するようにアップデートされる予定です。


以下は、上記noticeの抜粋文です。


Conducting an Interview with a Registered PractitionerActing in a Representative Capacity

This notice changes the procedure for registered practitioners, when acting in a representative capacity, to show authorization for the interview by signing and filing an Applicant Initiated Interview Request Form (PTOL-413A), thereby eliminating the requirement that a power of attorney or authorization to act in a representative capacity be filed in the subject application in order to conduct the interview.


Under the current procedure for conducting a personal or telephonic interview, an interview request form (PTOL-413A) should be submitted by the person intending to conduct the interview (MPEP 713.04). Interviews had not generally been granted to persons who lack proper authority from the principal (37 CFR 1.32(a)(3)) or the attorney or agent of record in the form of a paper on file in the application, such as a power of attorney or an authorization to act in a representative capacity (Form PTO/SB/84) (MPEP 713.05).


However, as the interview request form provides for the practitioner to set forth his or her name, signature and registration number, the Office will accept this as an indication that he or she is authorized to conduct an interview on behalf of the principal, which is consistent with the provisions of 37 CFR 1.34. An interview concerning an application that has not been published under 35 U.S.C. § 122(b) with an attorney or agent not of record who obtains authorization through use of the interview request form will be conducted based on the information and files supplied by the attorney or agent in view of the confidentiality requirements of 35 U.S.c. § 122(a) (MPEP 405).


MPEP 405,713.04 and 713.05 will be updated in due course to reflect the changes made by this notice.



以 上



*1 http://www.uspto.gov/forms/PTOL413A.pdf

*2 http://www.uspto.gov/patents/law/notices/interview16jul2010.pdf

このページのトップへ