特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOが査定系審判手続を簡素化して効率化するためのルール作りを提案

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年11月22日
(文責:新 井)

1.はじめに

審判手続の効率化のための措置が講じられています。たとえば、Appeal Briefが方式要件を満たしているか否かを決定する権限を審判部(Chief Judge)に付与すること*1 により、マイナーな欠陥が原因で受理されないAppeal Brief の割合を劇的に低減されています。*2
しかしながら、上記措置だけでは不十分との考えから、審判手続を更に簡素化して効率化するために、2010年11月15日に、USPTOは2008 Final Rule を廃止し、今回の提案に対するコメントを広く一般に募集する旨のNotice*3 を発表しました。なお、コメントの提出期限は、来る2011年1月14日に設定されています。また、今回提案された新ルールは、InterferencesやInter Partes Patent Reexamination proceedingsには適用されません。



2.提審判手続を更に簡素化して効率化するための措置(案)

査定系の特許審判手続が非常に複雑で煩わしいとの関係者からの不満に鑑み、今回提案のルール作りは、審判手続を簡素化し、これにより、審判請求人および審査官の負担を軽減して審判部(Board of Patent Appeals and Interferences)に審理してもらうことを最終的な目標としています。上記Noticeには以下の主要な事項が提案されています。


・ stayed 2008 Final Rule(施行日:2008年12月10日)を廃止する。*4

・ ファイル履歴において容易に入手できる情報を求めるAppeal Briefに係る要件(statements of the status of claims, status of amendments, grounds of rejection to be reviewed on appeal, the claims appendix, evidence appendix, and related proceedings appendix等)を撤廃する。

・ 争点となるクレーム限定のみがstatement of the summaryにおいて特定されなければならない旨を規定する。

・ 別々に反論される全従属クレームが小見出し(多くの出願人にとって最良のプラクティスであり、別々の反論が見落とされないようにするもの)を設けて記載されなければならない旨を規定する。

・ Final Rejectionを繰り返すのではなくて、出願人の反論に応答することに焦点を合わせるようにExaminer’s Answerを簡素化する旨を規定する。

・ 出願人がクレームをキャンセルしない限り、すべての拒絶クレームが審判での審理の対象とする旨を規定し、審査官による意図せぬクレームのキャンセルを未然に回避する。

Examiner’s Answerにおいて示された拒絶理由において依拠する新たな証拠(何が新たな拒絶の根拠となるかを決定するのに役立つ有用な判例調査を含む。)は、新たな拒絶の根拠とする旨を規定する。

Examiner’s Answerにおいて新たな拒絶の根拠が示されていない旨を申し立てるための特別な手続を新設し、Reply Briefをファイルする時期を通知し、これによりReply Briefをファイルするための期間延長の申請を不要とさせる(審判請求人は、上記の申し立てに対する決定が下されるのを待って、Reply Briefをファイルすることがきる。)。

・ 管轄が審判部へ移る前にReply Briefを受領した旨の“acknowledge”を審査官は、最早、審判請求人へ送付しない。これにより、Reply Briefがファイルされた後、直ちに審判部へ管轄が移るようにする。

・ 審判部の合議体は、本件に係る拒絶理由を支持するか否かを明確にするものとする。



以 上


*1 LINK: http://www.uspto.gov/blog/director/entry/streamlining_the_appeals_process_and
*2 LINK: http://www.uspto.gov/ip/boards/bpai/dashboards/exapplbrc/index.jsp
*3 LINK: http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2010-11-15/pdf/2010-28493.pdf
*4 LINK: http://www.uspto.gov/web/offices/com/sol/notices/73fr32938.pdf



このページのトップへ