特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOがデトロイトにサテライトオフィスを開設予定

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年12月20日
(文責:新 井)

1.はじめに

USPTO(米国特許商標庁)は、アメリカ合衆国連邦政府の商務省に属し、特許及び商標の権利付与を所掌する機関であり、その本庁舎の所在地はバージニア州アレクサンドリアにあります。

USPTOにおいて、2010年12月18日現在、特許審査官の総数は6345人であり、未審査滞貨は719,176件です。USPTOは特許出願の滞貨の削減および出願増加に対応するために更に審査官を採用する計画です。

このような状況下で、USPTOは、サテライトオフィスをデトロイトに開設する予定です。



2.サテライトオフィス開設地とその目的

2010年12月16日に、米国商務長官(Commerce Secretary)のGary Locke氏は、次のことをアナウンスしました。


(i) USPTOが、2011年の夏ごろに、史上初のサテライトオフィスをデトロイト*1 に開設予定である。

(ii) デトロイトは、米国内の数か所(その一つとして、デンバーが有力視されている。)に散在させる最初のサテライトオフィスである。

(iii) サテライトオフィス開設の目的は審査部隊を確保すると共に、審査官の人数を増加させることによって、増加し続けるペンディング中の特許出願の滞貨を減少させる。


Press Release, 10-65*2 によれば、デトロイトが史上初のサテライトオフィスとして選ばれた理由は、デトロイトが、科学者、エンジニア、及び主要な研究を行う大学の割合が高いからであると言われています。USPTOの消息筋によれば、デトロイトが、米国議会の官僚的形式主義を回避することを支援する米国商務省の施設を有しているからであるということです。


また、デトロイトオフィスの開設に伴って、初年度は、100個以上の新たなジョブが期待されると共に、地域のイノベーション経済への追い風になることが期待されています。


以下は、Press Release, 10-65 の抜粋です。


【Press Release, 10-65】

USPTO to Open First Ever Satellite Office in Detroit


WASHINGTON – U.S. Commerce Secretary Gary Locke and Under Secretary of Commerce for Intellectual Property and Director of the United States Patent and Trademark Office (USPTO) David Kappos announced today plans to open the first ever USPTO satellite office in Detroit, Mich., in 2011. The new office is expected to create more than 100 new jobs in its first year and provide a boost to the region’s innovation economy.


Locke said, “Recruiting and retaining top patent examiners from across the country is an integral part of reducing the backlog. We’re very excited to bring the first ever satellite office of our nation’s innovation agency to one of the country’s most important innovation centers—the city of Detroit.”


Following an evaluation of the first satellite office, the USPTO will consider opening additional offices, which would provide the patent applicant community and our nation’s innovators greater access to the USPTO and the services it offers.


A specific location and anticipated opening date for the new Detroit office will be announced in the coming months. The office will work closely with the Commerce Department’s CommerceConnect facility in Pontiac, Mich.


The USPTO considered a broad range of factors in its decision to locate the new satellite office in Detroit. The city fulfilled a number of critical criteria, including having a high percentage of scientists and engineers in the workforce; providing access to major research institutions, particularly leading universities; and supporting a high volume of patenting activity and significant numbers of patent agents and attorneys in the area.



以 上



*1 ミシガン州南東部にある都市。南北をエリー湖とヒューロン湖に挟まれており、東はカナダのウィンザー市に接し、アメリカ中西部有数の全米9位の規模のグローバル都市。失業率、貧困率が高く、主要産業は自動車産業。
*2 http://www.uspto.gov/news/pr/2010/10_65.jsp

このページのトップへ