特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国の当事者系再審査手続の統計結果

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成23年02月14日
(文責:新 井)

1.はじめに

査定系再審査(Ex Partes Reexamination)手続においては、再審査請求を行った第三者は、特許権者がStatementをファイルした場合だけ、一回に限りReplyをファイルすることが許されています。

これに対し、当事者系再審査によれば、第三者の関与の下で再審査手続が行われます。すなわち、特許権者が応答するたびに、第三者は30日以内にwritten commentsをファイルすることができます。なお、当事者系再審査も、査定系再審査と同様に、いつでも誰でも請求することが可能です。

なお、当事者系再審査手続に関し留意すべきは、特許の有効性が最終的に確認された場合、後日、民事訴訟において同一の理由でその特許の無効を主張することができなくなることです。また、再審査請求の費用については、ケースに応じて変動しますが、通常、特許訴訟の場合100万米ドル~400万米ドルの費用を要するのに対し、再審査申請の費用は数万米ドル~10万米ドルの費用を要すると言われています。



2.当事者系の再審査手続の統計

1999年~現在までの当事者系再審査出願件数の統計がUSPTOによって発表されました* 。技術分野は、化学系が202件(18%)であり、電気系が576件(52%)であり、機械系が325件(29%)です。再審査結果が発行されるまでに必要な日数は、平均で31.7ヶ月です。なお、当事者系再審査手続したケースのうち、全体の70%にあたる787件が係争中であることが知られています。


表1から明らかなように、2011年度の第一四半期も、既に100件がファイルされており、2010年度と比べて、当事者系再審査の出願件数は上昇傾向にあります。当事者系再審査出願の件数は年々増加しています。

表2は、1999年から現在に至るまでの当事者系再特許証の発行数(221件)の内訳を示しています。表2から明らかなように、当事者系再審査請求件のうち、再審査証明書(reexamination certificate)が発行されたケースの90%がクレームの変更(43%)または全てのクレームの取り消し(47%)を余儀なくされています


【表1 1999年から現在に至るまでの当事者系再審査手続の件数】

会計年度 当事者系再審査件数
2000年度 0
2001年度 1
2002年度 4
2003年度 21
2004年度 27
2005年度 59
2006年度 70
2007年度 126
2008年度 168
2009年度 258
2010年度 281
2011年度 100

【表2 1999年から現在に至るまでに発行された再審査証明書の発行数(221件)の内訳】

再審査証明書の発行後のクレーム形態 再審査証明書の発行数 再審査証明書の発行数の割合
クレームの全てが維持されたケース 22 10%
クレームの全てがキャンセル又は放棄されたケース 103 47%
特許クレームが変更されたケース 96 43%

以 上




*1 LINK: http://www.uspto.gov/patents/stats/IP_quarterly_report_Dec_2010.pdf

このページのトップへ