知財コラム
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


サイトマップ
知財コラム
知財教室のバナー
コラムインデックスへ

審査対象とするクレームの判断ステップ

平成20年1月17日
                        特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
                               文責:弁理士 今野 信二

 いわゆるシフト補正の禁止等、実務に影響を与える平成18年改正法が、平成19年4月1日より施行されました。この改正法に対応するため、平成19年3月に「特許・実用新案審査基準」が改訂されております。
 改訂後の審査基準に記載されている「審査対象とするクレームの判断ステップ」をフローチャートに纏めましたので、実務にご活用頂ければ幸甚です。


*1 STF…特別な技術的特徴。「先行技術に対する貢献」を判断。
*2 次回STF判断対象クレーム…S1またはS6でSTFの有無判断を行ったクレームに係る発明の発明特定事項を「全て」含む「同一カテゴリー」の請求項のうち、請求項に付した「番号の最も小さい」請求項
*3 TF…技術的特徴。特別な技術的特徴および特別でない技術的特徴も含む。
*4 TF同士の関連性…次回STF判断対象クレームに係る発明と、直前にSTFの有無を判断したクレームに係る発明との間における、TF同士の技術的な関連性
*5 課題関連性…次回STF判断対象クレームに係る発明と、直前にSTFの有無を判断したクレームに係る発明との間における、課題の関連性
*6 包含するクレーム…STFを有する発明の発明特定事項をすべて含む同一カテゴリーのクレーム
*7 実質的に終了する発明…たとえばカテゴリー表現上の差異があるだけの発明

コラムインデックスへ
このページのトップへ