特許事務所 中国支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


ドイツ支援室
ドイツ支援室
特許事務所 ドイツ特許
室長(特許担当者)
意匠・商標担当者
代表電話
FAX
E-mail
: アルフ ユング
: 八谷 晃典
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664

ドイツ特許法の改正法が発効

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年1月27日
(文責:ドイツ支援室)

1.はじめに

昨年2009年10月1日付けで、ドイツ特許法の簡素化および現代化のための法律(BGBl. I S. 2521)が施行されています¨。この改正法によって、ドイツ特許商標庁における手続や、ドイツ特許裁判所および最高裁判所における特許・商標関連手続が簡素化されました。


2.改正の主な内容

● ドイツ特許無効手続の迅速化-通常4年程度であった無効手続の期間を半分に短縮-

以前の特許無効手続において、連邦特許裁判所(第1審)での決定に対して控訴する場合、連邦最高裁判所(第2審)での控訴審では全ての審理が最初から行われ、このため手続期間は通常4年程度と長くなっていました。改正法により、審理は第1審に集中され、第2審は、第1審の判断に誤りがなかったかどうかの判断に限定されました。これらの措置で手続期間が大幅に短縮されることになります。

● ドイツ職務発明手続の簡素化-ドイツにおける発明の約80%が職務発明-

改正法は、職務発明を雇用者に確実に譲渡し、従業員にそれに相応しい対価を提供することを目的としています。このために以前は煩雑な手続が必要でしたが、改正法により、職務発明は、雇用者が発明を放棄しない限り、従業員が雇用者に発明の通知を行った4ヵ月後に自動的に雇用者に譲渡されたとみなされます。従業員は、その発明の補償金請求権を有しています。

● ドイツ特許出願料金等の改正

現行出願料金(2009/10/1発効)は、次の通りです。

-電子出願
請求項が10以内の出願
40 EUR
請求項が11以上の出願
40 EUR + 20 EUR(11個目からの各請求項につき)

-紙ベースの出願
請求項が10以内の出願
60 EUR
請求項が11以上の出願
60 EUR + 30 EUR(11個目からの各請求項につき)


以 上


参考:ドイツ連邦司法省
http://www.bmj.de/patentrechtsmodernisierung
http://www.bmj.bund.de/enid/242c11232eb1259d67000833a907b6bb,284d43636f6e5f6964092
d0936323533093a095f7472636964092d0935343436/Pressestelle/Pressemitteilungen_58.html

参考::ドイツ特許商標庁
http://www.dpma.de/service/aktuelles/dasdpmainformiert/modernisierungpatentrecht/index.html

このページのトップへ