特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOが更に3か所にサテライトオフィスを開設予定

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2012年07月09日
(文責:新 井)

1. はじめに

USPTO(米国特許商標庁)は、アメリカ合衆国連邦政府の商務省に属し、特許及び商標の権利付与を所掌する機関であり、その本庁舎の所在地はバージニア州アレクサンドリアにあります。

USPTOにおいて、2012年5月時点で、特許審査官の総数は6,865人であり、未審査滞貨は644,387件です。USPTOは特許出願の滞貨の削減および出願増加に対応するために更に審査官を採用することが計画されています。


このような状況下で、2012年7月2日に、USPTOは、2012年7月13日にデトロイトにおいて開設予定のサテライトオフィスに加えて、ダラス、デンバー、及びシリコンバレーの3カ所にも追ってサテライトオフィスを2014年9月16日までに開設予定であることを公表しました。*1



2.サテライトオフィス開設地とその目的

2010年12月16日に、米国商務長官(Commerce Secretary)のGary Locke氏は、次のことをアナウンスしました。


(i) USPTOが、2011年の夏ごろに、史上初のサテライトオフィスをデトロイト*2 に開設予定である。

(ii) デトロイトは、米国内の数か所(その一つとして、デンバーが有力視されている。)に散在させる最初のサテライトオフィスである。

(iii) サテライトオフィス開設の目的は審査部隊を確保すると共に、審査官の人数を増加させることによって、増加し続けるペンディング中の特許出願の滞貨を減少させる。


Press Release, 10-65*3 によれば、デトロイトが史上初のサテライトオフィスとして選ばれた理由は、デトロイトが、科学者、エンジニア、及び主要な研究を行う大学の割合が高いからであると言われています。


また、デトロイトオフィスの開設に伴って、初年度は、100個以上の新たなジョブが期待されると共に、地域のイノベーション経済への追い風になることが期待されています。



3.サテライトオフィスの役割

USPTOは、§ 23 of the Leahy-Smith America Invents Act下の権限を用い、2014年9月16日までに、Dallas, TX; Denver, CO; and in California's Silicon Valleyの3ヵ所をサテライトオフィスの開設地として選択しました。選択理由として、”geographical diversity, regional economic impact, ability to recruit and retain employees, and the ability to engage the intellectual property community”が挙示されています。


これら4ヵ所のサテライトオフィスは、innovation and creativityのハブとしての機能を果たすと共に、世界市場におけるAmerican innovation の保護育成を援助し、官僚主義に切り込んでビジネスを援助し、各地方において新たな経済的機会を創造する機能を果たすことが意図されています。


以下は、Press Release, 12-40 の抜粋です。

These new offices are an historic step toward further advancing our world’s best IP system, and reinforcing the United States as the number one destination for innovation capital, and research and development around the world.
The offices announced today will help the USPTO attract talented IP experts throughout the country who will work closely with entrepreneurs to process patent applications, reduce the backlog of unexamined patents, and speed up the overall process, allowing businesses to move their innovation to market more quickly, and giving them more room to create new jobs.
“By expanding our operation outside of the Washington metropolitan area for the first time in our agency’s 200-plus year history, we are taking unprecedented steps to recruit a diverse range of talented technical experts, creating new opportunities across the American workforce,” said David Kappos, Director of the USPTO.
Patents are a significant factor in private sector job creation. In fact, the U.S. Commerce Department issued a recent report finding that IP-intensive industries are the source – directly or indirectly – of 40 million jobs, contributing $5.06 trillion to the U.S. economy in 2010.
The Detroit office will employ approximately 120 individuals in its first year of operations. The USPTO also seeks to identify and maximize the unique regional strengths of all four offices to further reduce the backlog of patent applications and appeals.




以 上



*1 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2012/12-40.jsp
*2 ミシガン州南東部にある都市。南北をエリー湖とヒューロン湖に挟まれており、東はカナダのウィンザー市に接し、アメリカ中西部有数の全米9位の規模のグローバル都市。失業率、貧困率が高く、主要産業は自動車産業。
*3 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2010/10_65.jsp

このページのトップへ