特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

米国特許発行件数の推移

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成22年08月23日
(文責:新 井)

1. はじめに

米国連邦最高裁判所による所謂KSR判決(2007年4月30日)の数年前から特許許可率(Allowance Rate)が低下し始め、この傾向はKSR判決後も続き、同判決により低下に拍車がかけられた状態でした(2008年度の特許許可率は44%。)。

また、前のUSPTO長官Dudas氏は、大量の審査官(約1200人)を採用したが、これらの新人審査官は、審査ミスを恐れるあまり、特許許可の認定に消極的になり、このことが特許許可率の低下の一因と考えられています。

しかしながら、Kappos氏がUSPTO長官に就任してから、様々な施策が立案・実行され、これに伴って特許発行件数も上向いてきました。

以下に米国特許発行件数の推移等について米国のpatent law weblog(Patently-O)に公開された記事 * を紹介します。

2. 米国特許発行件数の推移

2010年8月19日付の記事には、2009年度および2010年度の米国特許発行件数の比較データと、過去30年間の特許発行件数の推移とが上記Patently-Oにおいて公開されています。


(2-1) 2009年度および2010年度の米国特許発行件数の比較

USPTOは、毎週火曜日の12:01 amに米国特許を発行します。上記記事によれば、毎週、米国特許が空前の件数で発行され続けているようです(次頁のグラフ1を参照)。


この傾向が向こう3ヶ月継続したと仮定すると、年間特許発行件数は、22万件を超え、2009年度の特許発行件数よりも約5万件多くなることが見込まれます。しかも、米国特許の週間発行件数の史上10位の全てが2010年6月~8月に集中しています。



【グラフ1-2009年度の米国特許発行件数の推移】


(2-2) 過去30年間の米国特許発行件数の推移

グラフ2は、過去30年間(1980年~2010年)の年間特許発行件数の推移を表しています。なお、同グラフにおける2010年度の指数は2010年8月18日現在で入手可能なデータに基づく予想値を表したものです。



【グラフ2-過去30年間(1980年~2010年)の年間特許発行件数の推移】



以 上



*1 LINK: http://www.patentlyo.com/patent/2010/08/uspto-patent-grant-numbers.html

このページのトップへ