特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA 判例集 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

US Case Brief(15) ミーンズ・プラス・ファンクション・クレームにおいて構成を規定することによって、
35 USC§112, 6th パラグラフ下で狭く解釈されるとの推定を克服し得ることが示された判例

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成16年08月23日
(文責:新 井)

ミーンズ・プラス・ファンクション・クレームにおいて構成を規定することによって、35 USC§112, 6th パラグラフ下で狭く解釈されるとの推定を克服し得ることが示された判例
TI Group Auto. Sys. (N. Am.), Inc. v. VDO N. Am., LLC, No. 02-1630, 03-1482, 71 U.S.P.Q.2d (BNA) 1328 (Fed. Cir. June 30, 2004)



1.簡単な経過説明

(a) TI Group Auto. Sys. (N. Am.), Inc. ("TI") は、燃料ポンプ・アッセンブリの製造メーカであり、タンク内の燃料アッセンブリに係る U.S. Patent No. 4,860,714 ("the '714 patent")を所有していた。この特許に規定のアッセンブリによれば、たとえ、燃料タンク内の燃料が少なくなったり、自動車が傾斜したりした場合にも対応可能である。
上記特許の独立クレーム2は、


  Apparatus for pumping fuel from a fuel tank to an engine comprising:
  ...
  (d) pumping means for pumping fuel into the reservoir, said means being
  located within the reservoir in the region of the opening and including
   a nozzle and a venturi tube in alignment with the nozzle, the passage
   of fuel out of the nozzle and through the venturi tube causing fuel to be
   entrained through the opening into the interior of the reservoir.


(b) VDO N. Am., LLC ("VDO") は、TI を相手取り、自社製品が上記特許権を侵害するものではなく、上記特許が無効であることを求めた確認訴訟を地裁に提起した。

(c) 地裁は、a Markman hearing を開催し、クレームの構成要件の解釈(including the "pumping means" of claim 2)を行った。地裁は、クレームが、ミーンズ・プラス・ファンクションを文言しているので、35 U.S.C. sec. 112, paragraph 6下で解釈される(ミーンズ・プラス・ファンクション表現の範囲は、明細書に記載の具体的構成およびその均等物に限定される。)べき旨の結論に達し、"pumping means" に対して明細書に記載の特定の構成に基づく狭い解釈を行った。その結果、地裁は本件に対して非侵害の認定を行った。

(d) これを不服とし、TI はCAFCに控訴した。 TI は、"pumping means" が単に機能的に文言されているのではなく、構成的特徴を文言しており、クレームがミーンズ・プラス・ファンクションとして取り扱われるべきではなく、それゆえ、地裁の認定は不当である旨の開陳を行った。一方、VDO は、"pumping means" がsec. 112, paragraph 6の適用の推定を受けるものであり、TI は反証を挙げてこの推定を克服していない旨、開陳した。


2.結論

CAFC は、次のように判示した。
 すなわち、クレームは、pumping meansだけではなく、その構成、配置、及び動作も規定している。確かに、"means" という文言は、sec. 112, paragraph 6 の適用の推定を受けるが、この推定は、文言された機能を果たすために必要な構成を文言することによって、克服されている。
 本件においては、"pumping means"の適切な構成が"クレーム中にa pump including a nozzle and a venturi tube in alignment with the nozzle," として文言されている。
 地裁は、本件の"pumping means"が、sec. 112, paragraph 6 下のミーンズ・プラス・ファンクション・クレームに該当すると誤認している。なぜなら、"pumping means"が、文言された機能を果たすために必要な構成を文言しているからである。


以 上

このページのトップへ