出願経過情報調査

競合他社の出願経過・登録情報を把握しておくことは知的財産戦略において重要な情報です。”HARAKENZO more は、国内外を問わず他社の出願経過・登録情報を調査します。出願が特許庁に係属しているのか、どの段階にあるのか等、貴社が必要とされる情報を調査します。
また、近年、知的財産権の移転や企業組織再編による権利変動が活発化する中、出願人や権利者を正確に把握しておくことが必要となってきています。
そこで、現在の出願人・権利者等について調査します。定期的なウォッチングもお引受けします。

このような場合に利用いただけます。
・ 出願経過情報を知りたい(係属の有無、取下、登録、権利の存続等)。
・ 現在の出願人・権利者を知りたい。
・ 侵害警告書の主張内容と比較するため、権利者が出願中に特許庁に対して主張した内容を知りたい。


戻る




国内知的財産制度の情報収集

首相官邸(知的財産戦略本部)や経済産業省や農林水産省等の知的財産情報、特許庁・文化庁等の運用や審議会等で検討される国内知的財産法の改正に関する最新情報を調査します。


戻る




海外知的財産制度の情報収集

米国・ヨーロッパ・中国・韓国等の海外の知的財産法の改正等、知的財産制度の情報を提供します。

”HARAKENZO more の特色
・各国の代理人と連携している”HARAKENZO more は世界中の代理人から最新情報をいち早く入手できます。
”HARAKENZO more の外国人スタッフが各国の最新情報を調査・分析します。


戻る




審決・判例の調査・分析

知的財産に関する審決・判決例を調査します。産業財産権のみならず、著作権、不正競争防止法等の判例も幅広く調査します。また、判例の傾向や最新の裁判例についても分析します。
日本の判例は事実上の拘束力を有するため、審決取消訴訟や侵害訴訟における判例を把握することは知的財産戦略に大きな影響を及ぼします。”HARAKENZO more HPにて審決・判決の紹介を行っておりますのでこちらもご活用下さい。

審決・判決の紹介