特許事務所 EPO/OHIM支援室
CONTENTS
CONTACT大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさにして、地図状に表したものです。
プライバシーポリシー

EPO/OHIM
EPO 知財情報 特許事務所 EPO/OHIM特許商標出願戦略
EPO支援室 室長
OHIM支援室 室長
代表電話
FAX
E-mail
: 岡部 泰隆
: 八谷 晃典
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664

EU統一特許裁判所について一部合意

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2011年12月19日
(文責:新 井)

1.はじめに

EUにおいて、EU統一特許システムと、その訴訟を扱うEU統一特許裁判所とがパラレルに検討されています。そのような中で、EU統一特許裁判所の創設のための条文案の作成が行われ、この条文案について多くのEU加盟国* が検討していました。

このたび、2011年12月5日と6日の両日に、ブリュッセルにおいて、Competitiveness (Internal Market, Industry, Research and Space)の会合(3133rd Council meeting)が開催されました。この会合での合意事項について以下に簡単に説明します。



2.第3133回 Council meetingでの合意事項

Intellectual property files担当のMinistersは、統一特許訴訟裁判所の創設に係る政策協議を行いました。この政策協議は、ヨーロッパ全域で発明の統一的保護を確実なものにするという統一的効果を奏する統一特許システムの確立を目的とする総合的政策の一環として行われたものです。


上記政策協議は、議長国(ポーランド)によって作成された妥協的政策協議に基づいて行われました。この妥協案は上記政策協議において実質的には広く受容されましたが、今後も更なる取り組みが必要であることも明らかになりました。議長国ポーランドは、2011年末までに合意に至ることを期待して、取り組みを前進させることを表明しました。


以下は、主な妥協案の内容です。*


1. The seats of the Central Division of the Court of First Instance, the Court of Appeal and the Patent Arbitration Centre(第一審裁判所のCentral Division、控訴審裁判所、及び特許調停仲裁センタの所在地)

Several proposals have been made by member states interested in hosting the seats.


2. The financial contribution of the member states hosting a local division, a regional division, the Central Division or the Court of Appeal(第一審裁判所のlocal division、regional division、Central Division、又は控訴審裁判所を招致するメンバ国の財政貢献)

The host member state would provide for the necessary facilities, equipment and, for the initial period, the management of the administrative staff.


3. Other financial contributions of the member states(メンバ国の他の財政貢献)

While the objective should be that the Unified Patent Court becomes self-financing over time, financial contributions will be required in the setting-up phase, on the basis of a balanced and transparent formula.


4. Language of proceedings(手続言語)

While the principle should be maintained that the language of proceedings of a local division can be changed only with the agreement of both parties, a party could address a request to the President of the Court to change the language of proceedings for reasons of convenience and fairness.


5. Actions to be brought to the central division(第一審裁判所のCentral Divisionに対して提訴されるべき訴訟)

The possibility to enhance the role of the central division and give parties the option to bring actions for infringements concerning a number of member states before the central division instead of bringing them before a local or regional division. Under the compromise the parties would have the option to bring an infringement action before the central division if the defendant is domiciled outside the EU.


6. Number of ratifications required for the entry into force(条約が発効するために必要な批准国数)

There is general consensus that the Unified Patent Court should enter into force once a minimum number of member states have ratified the Agreement.


7. Transitional period(経過措置期間)

A transitional period will be fixed for "classical" European patents without unitary effect, during which actions can still be brought before the national court.


8. Revision clause(改正条項)

A range of provisions would have to be reviewed by the administrative committee in order to improve the functioning, efficiency and cost-effectiveness of the Unified Patent Court and the quality of its judgements.



以 上




*1 イタリアとスペインを除く25か国
*2 LINK: http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_Data/docs/pressdata/en/intm/126579.pdf

このページのトップへ
Intellelution.com