事務所概要
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


専門分野

特許・実用新案 【技術分野】


当事務所は、弁理士・特許技術者をはじめとして、最新技術に造詣が深く、経験豊富な人材を多数擁しています。したがって、あらゆる技術分野に関する特許出願に対応することが可能です。当事務所は、特に下記の技術分野に関して、自信と実績を有しています。

情報工学
計算機工学、ソフトウェア、コンピュータ援用システム、通信システム、コンピュータネットワーク、IT関連、ビジネスモデル、その他 情報工学全般
電気・電子工学
半導体工学、ディスプレイデバイス、ストレージデバイス、電気・電子機器、その他 電気・電子・電力工学全般
制御工学
メカトロニクス、システム工学、人工知能、その他 制御工学全般
生物学
バイオテクノロジー(DNA、タンパク質、抗体、ベクター、形質転換体)、遺伝学、生化学、生態学、環境生物学、細胞学、細菌学、植物学、動物学、放射線光学、生体工学、その他 生物科学・生物工学全般
農林水産学
農業、酪農、畜産、水産業、林業、食品業、食品工業、その他 農林水産学全般
医学
医療機器、歯科学、社会医学、精神医学、薬学全般、その他 医学全般
物理学
超電導、レーザー、光学、力学、振動力学、熱力学、統計力学、電磁気学、量子力学、原子核物理学、物性論、宇宙物理学、地球物理学、その他 物理学全般
化学
無機化学、有機化学、高分子化学、窯業、繊維工業、パルプ工業、ナノテクノロジー、その他 化学工学・化学工業全般
機械工学
材料力学、熱力学、流体力学、材料学、機械要素学、精密工学、自動車、輸送機械、産業機械、船舶、航空工学、その他 機械工学全般
金属工学
金属材料学、金属加工、その他 金属工学全般
建築工学
構造力学、建築材料学、その他 建築工学全般
土木工学
都市工学、交通工学、その他 土木工学全般
環境工学
環境衛生学、環境汚染、公害対策、その他 環境工学全般

商標


当事務所は、商標の選択から権利の取得・活用まで、クライアントのご要望に応じた総合的サービスを提供します。
弁理士を含む専門スタッフにより、ブランディなどのデータベースによる先行商標調査や各国への商標登録出願から、商標権の更新管理・ライセンス交渉・審判・訴訟に至るまで、あらゆるご要望に応じることが可能です。
私達は、クライアントの信用財産となる商標の活用・保全について、国際的な視野に立った万全のアドバイスを行います。


意匠


当事務所では、クライアントの製品をデザイン面から保護するために、意匠権についても万全のサービスを提供します。
弁理士を含む専門スタッフのノウハウを駆使して、確実に権利の取得を図るほか取得した権利の活用についてもアドバイスを致します。当事務所では、最新のコンピュータシステムと熟練した図面作成スタッフによる、高品質かつ低価格な意匠図面の作成から権利取得に至るまで、クライアントの製品開発を戦略的に支援します。



著作権/不正競争防止法、半導体集積回路の回路配置、輸入差止認定・申立手続/品種登録


当事務所では、著作権の登録申請や権利活用についても、クライアントに的確なサービスを提供しています。弁理士を含む専門スタッフは、著作権、著作隣接権、不正競争防止法(主として第2条1項第1号から第9号関連)、回路配置利用権、輸入差止認定・申立、品種登録に関するご相談から契約・手続代理に至るまで、知的財産権について包括的なワンストップサービスを提供します。




知的財産権の権利行使


当事務所では、各種知的財産権について、権利の有効性鑑定および侵害性鑑定を行います。そして、相手方との交渉により、実施料(ロイヤリティ)の支払いを前提とした契約の締結(ライセンシング)を推進します。また、審判および訴訟(審決等取消訴訟/侵害訴訟)を通じて顧客の利益を最大限に擁護します。当事務所では、特定侵害訴訟代理業務付記登録弁理士が、当事務所と提携する弁護士と共同して裁判所での法廷活動により、お客様の大切な知的財産権を侵害した相手方に対して侵害行為の停止又は予防を請求するとともに、損害賠償又は不当利得返還を請求し、必要に応じてお客様の信用を回復する措置を講じます。



広島事務所

このページのトップへ