地震・津波 3.11

東日本巨大地震と津波災害に関する”HARAKENZO more ” のご報告と御礼

 

2011年3月14日 

弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
代表者 弁理士 原 謙三

謹 啓

ご承知のとおり、前週の金曜日(2011年3月11日)の午後、東北地方沖合いで発生したM9.0という巨大地震とそれに伴う脅威の大津波が日本の東日本沿岸部の全域を襲い、未曾有の大被害をもたらしました。その結果、東日本沿岸部の都市は悉く壊滅し、死傷者は数万人にも達するであろうとも予想されております。 

また、上記地震に起因して福島県の原子力発電所の一部が損壊し、その結果、放射線漏れと、東日本全体に著しい電力供給不足を招来するという、深刻な事態に至っております。 

不幸中の幸いではございますが、西日本については、ほとんど地震や津波の影響を受けておりません。当所の大阪本部では、地震当時、微小の揺れは感じましたが、地震とは気が付かなかったほどの軽微なものでした。
したがって、当事務所の大阪本部においては、通常の業務について、何ら支障はございません。 

一方、当所東京本部においては、地震当時、大きな揺れを感じましたが、幸いにも被害を受ける程度のものではなく、全所員においても皆無事でございました。ただし、交通手段が乱れましたので、業務終了後に帰宅できない者がでたり、出張者が現地で宿泊するといった事態には遭遇しましたが、その後、全員無事に帰宅できたことを確認しております。
なお、当事務所の全所員の家族につきましても、確認しましたところ、現在のところ安全且つ無事であることが判明しましたので、何卒ご休心くださいますよう、お願い申し上げます。 

また、当所東京本部の電力事情につきましては、当事務所の所在が東京の中心地(港区・世界貿易センタービルディング)という立地条件に位置することもございまして、現在のところ電力供給の制限は受けておりません。
したがって、当所東京本部におきましても、通常とおりの業務を行っておりますので、何卒ご休心くださいますよう、お願い申し上げます。

災害の発生時から、私どもに早々にお問い合わせやお見舞い状をご送付賜りましたこと、ここに深く感謝し、重ねて衷心より厚く御礼を申し上げます。
誠にありがとうございました。 

謹 白

原謙三
弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK

 


 

東日本大震災に遭遇された被災地・被災者の皆様に、謹んで震災のお見舞いを申し上げます

 

2011年3月22日 

弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
代表者 弁理士 原 謙三

日本の東北関東大震災において、被害に遭われた皆様に謹んで震災のお見舞いを申し上げます。
また、被災地において昼夜を問わずに被災者の救助にあたられ、被害対策に全力を尽くされている皆様に対して、衷心より深く敬意と感謝を申し上げます。誠にありがとうございます。
被災地・被災者におかれましては、一日も早期の復旧と皆様のご無事を、心からお祈りいたしております。 

2011年3月11日(金曜日)午後2時46分、東北地方太平洋沖に巨大地震が発生してから、10日間が経過しました。
東北地方を中心とした沿岸部では、M 9.0という日本史上最大の地震に遭遇しました。その結果、高さ十数メートルにも達するかつて経験したことのない脅威の大津波が東北地方及び北関東地方の沿岸部を急襲し、同沿岸部の住宅地はすべて根こそぎ壊滅されました。大津波の急襲後の状況を見ますと、それは、まるで全てが破壊され尽くされた戦争直後の状景と同じです。そして、3月21日現在で、死者及び安否不明者は27,140人、避難者は306,839人に達しており、これからも更に被害状況が拡大しそうな勢いです。 

また、上記巨大地震とそれに伴う大津波に起因して、福島県の原子力発電所(1号機~6号機)が大きく損傷又は損壊し、放射線の一部が外部へ漏洩しました。その結果、空気の放射線汚染、食品汚染、電力供給量の減少、等々が危惧されております。
しかしながら、日本国は、約65年前の広島及び長崎における大量の放射線被害を経験した世界で唯一の国ですので、放射能の恐怖は他のどこの国よりも熟知しており、その経験に基づいた万全の復旧対策は必ずや活かされるものと信じております。 

このような非常時にあっても、国民の多くは冷静に行動し、互いに助け合うという互助精神と博愛精神が発揮されました。例えば、多くのレストランでは、地震発生直後に、店員が客を店外へ退避させました。そして、揺れがおさまると、大半の客は店に戻って来て料金を支払って帰りました。また、店に戻らなかった客は、翌日、料金の支払いに店に戻ってきた、といわれております。 

私どもにおきましても、被災者の皆様と心を一つにして、被災地及び被災者の皆様に対して、義援金の提供を含めて、できる限りのご支援をさせていただく所存でございますので、何卒、生きる希望と勇気を持ち続けていただきたいと念願しております。 

何卒、一日も早い復旧とご回復をお祈りいたしております。 

原謙三
弁理士法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK

 

 


<関連ページ>
基本理念 日本の国運『40年周期説』 地震・津波 3.11 社会貢献活動

TOP