特許事務所 中国支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目北
2番6号  大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


ドイツ支援室
ドイツ支援室
特許事務所 ドイツ特許
室長(特許担当者)
意匠・商標担当者
代表電話
FAX
E-mail
: アルフ ユング
: 八谷 晃典
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664

ドイツ - アメリカPPHの延長

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成23年5月19日
(文責:ドイツ支援室)

ドイツ-アメリカ間PPHパイロットプロジェクトの延長

ドイツ特許商標庁(DPMA)とアメリカ特許商標庁(USPTO)は、2011年5月4日付けで、"Patent Prosecution Highway" (PPH)を、2013年4月26日まで2年間延長することを決定しました。

PPHは、相互に審査結果を利用し合うことで、特許審査手続の効率を高め、国際特許の品質を改善することを目的としています。出願人は、対応出願がDPMAに出願されており、DPMAによって少なくとも1つの請求項が特許付与可能と判断されている場合に、USPTO に早期審査を請求することができます。

今回の延長により、出願人には、DPMAへの請求のさらなるオプションが提供されます。以前の審査基準によれば、PPH請求は、US優先権を主張するPCT出願の場合にのみ提出可能でしたが、延長後は、US優先権を主張していないPCT 出願(いわゆる「ダイレクトPCTルート」)の場合にも、PPHによって手続を行うことが可能になります。


参考ウェブサイト:ドイツ特許商標庁
http://www.dpma.de

このページのトップへ