特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪本部)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

USPTOがAfter Final Consideration Pilot (AFCP)の試行期間延長を決定

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
2012年06月25日
(文責:新 井)

1. はじめに

2012年4月2日に、USPTOは、審査官と利害関係者(出願人等)の間における協力を促進すると共にプロセキューションをコンパクトにするための継続的努力の一環として、Final OAに対する応答後の審査官による更なる再考時間を確保するパイロットプログラム(After Final Consideration Pilot (AFCP))を期間限定(2012年6月16日まで)で開始しました。*1


本パイロットプログラムは、Final OA後にNotice of Allowanceの発行件数が増加するかどうか、及び、RCE(Requests for Continued Examination)の請求数が減少するかどうかを判断するためのものでした。事実、このパイロットプログラムの試行以降、allowance rates for applications after final rejectionは増加したとUSPTOはコメントしています。


このたび、2012年6月20日に、(i) より多くの利害関係者が利用できるようにすると共に(ii) USPTOが更なるデータを収集してプロセキューションのコンパクト化のための最善のプラクティスを見極めるために、本パイロットプログラムの試行期間を2012年9月30日まで延長する旨を公表しました。*2


2. 本パイロットプログラムの概要

本パイロットプログラムは、Final OAに対する応答後に、限られた非生産時間を再考に使用することを審査官に認めるものであり、USPTOは、本パイロットプログラムの実施によって、Final OA後にNotice of Allowanceの発行件数が増加するかどうか、及び、RCEの請求数が減少するかどうかを判断するためのものです。なお、本プログラムに参加するために、別途、請求することは不要であり、自動的に本プログラムが適用されます。


 特許出願や再発行特許出願の場合(plant applicationsも含む)に認められる再考時間はいずれも3時間であり、意匠出願(design applications)の場合に認められる再考時間は1時間です。これらの再考時間を利用して、審査官は、限られた時間内で、Final OA後の出願人の応答内容を十分に検討し、必要ならばサーチを行い、本願クレーム発明が特許可能状態にあるかどうかについて専門的な判断をします*3 。


審査官は、出願人との間で個人面談を行った場合、特許出願の場合にはパイロットプログラムに2時間使用したと申告すると共に1時間を個人面談に使用したと申告します。


USPTOは、本パイロットプログラムに係るガイドライン(Guidelines for Consideration of Responses After Final Rejection under 37 CFR 1.116(b) under the After Final Consideration Pilot)も併せて公表しています。*4  


上記ガイドラインによれば、以下の場合に審査官はResponse After Finalを受理します。


  • The amendment places the application in condition for allowance by incorporating limitations from objected-to claims into independent claims, if the new claim can be determined to be allowable with only a limited amount of further consideration or search.

  • The amendment can be determined to place the application in condition for allowance with only a limited amount of further search or consideration, even if new claims are added without cancelling a corresponding number of finally rejected claims.

  • The amendment places the application in condition for allowance by rewriting objected-to claims in independent form.

  • The amendment places the application in condition for allowance by incorporating limitations from objected-to claims into independent claims, if the new claim can be determined to be allowable with only a limited amount of further consideration or search.

  • The amendment can be determined to place the application in condition for allowance by adding new limitation(s) which require only a limited amount of further consideration or search.

  • The response comprises a perfected 37 CFR 1.131 or 37 CFR 1.132 affidavit or declaration (i.e. a new declaration which corrects formal defects noted in a prior affidavit or declaration) which can be determined to place the application in condition for allowance with only a limited amount of further search or consideration.




以 上



*1 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2012/12-23.jsp
*2 LINK: http://www.uspto.gov/news/pr/2012/12-37.jsp
*3 LINK: http://www.uspto.gov/patents/init_events/afcp.jsp
*4 LINK: http://www.uspto.gov/patents/init_events/afcp_guidelines.pdf

このページのトップへ