特許事務所 USA支援室
CONTENTS
CONTACT

特許業務法人
HARAKENZO
WORLD PATENT & TRADEMARK


大阪本部    

〒530-0041
大阪市北区天神橋2-北2-6
大和南森町ビル
TEL:06-6351-4384(代表)
FAX:06-6351-5664(代表)
E-Mail:

東京本部    

〒105-6121
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル21 階
TEL:03-3433-5810(代表)
FAX:03-3433-5281(代表)
E-Mail:

広島事務所 

〒730-0032
広島市中区立町2-23
野村不動産広島ビル4 階
TEL:082-545-3680(代表)
FAX:082-243-4130(代表)
E-Mail:

2018年3月1日開設
名古屋事務所

〒453-6109
名古屋市中村区平池町4-60-12
グローバルゲート9 階
TEL:052-589-2581(代表)
FAX:052-589-2582(代表)
E-Mail:


上記トレードマークの背景地図は、1991年当時の特許登録件数を陸地の大きさと形状に擬態化して、地図状に表現したものです。

プライバシーポリシー


USA支援室
USA知財情報 特許事務所 USA知財情報
室長(特許担当者)  岡部 泰隆 (大阪在籍)
意匠・商標担当者  石黒 智晴 (東京在籍)
大阪本部TEL
大阪本部FAX
東京本部TEL
東京本部FAX
E-mail
: 06 - 6351 - 4384
: 06 - 6351 - 5664
: 03 - 3433 - 5810
: 03 - 3433 - 5281

継続出願数の制限等のFinal Rules改正に関するUSPTOの権限の有無に係るCAFC判決

特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
平成21年03月23日
(文責:新 井)

1.はじめに
2008/04/01に継続出願数の制限等を含んだUSPTOのルール改正に対する訴訟(Tafas/GSK v. Dudas事件)で、バージニア州東部連邦地裁は、USPTOにルール改正の権限が無いこと等を根拠にFinal Rules改正が無効であるとする略式判決(Summary Judgment)を下しました *1
USPTOは、継続出願数等に関するFinal Rules改正を無効としたバージニア州東部連邦地裁の判決に対し、2008/9/24にCAFCに控訴することを決定し同地裁へ通知しました。

2.CAFCによる判決
CAFCは、このたび、Tafas/GSK v. Dudas事件(Final Rules改正案(継続出願数の制限や1出願当たりのクレーム数の制限など)に関するUSPTOの権限についての争い)に関し、2009年3月20日に判決を下しました。*2

CAFCは、上記判決において、継続出願数を制限するRule 78 *3 については、35 USC 120と抵触するため無効としましたが、その他のRule 75, 114, 265 *4 についてはUSPTOの権限内であるとし、地裁判決を破棄し、地裁へ差し戻しする判決を下しました。

以 上


*1 米国時間04月01日、合衆国バージニア州東部地区連邦地裁において11月1日から施行される予定であったUSPTOの新施行規則を無効とする略式判決がでました。
(1) 継続出願の回数を制限する規則(1出願ファミリ当り基本2回)は無効
(2) RCEの回数を制限する規則(1出願ファミリ当りで基本1回)は無効
(3) クレーム数を制限する規則(1出願ファミリ当り、独立5個且つ合計25個以内)は無効
(4) ESD(審査補助書類)の提出義務を出願人が負うという規則は無効
*2 リンク先:http://www.cafc.uscourts.gov/opinions/08-1352.pdf
*3 Final Rule 78 pertains to continuation applications. Final Rule 78 provides that an applicant was only entitled to file two continuation applications as a matter of right. If an applicant wanted to file more than two continuation applications, he would need to file a petition “showing that the amendment, argument, or evidence sought to be entered could not have been submitted during the prosecution of the prior-filed application.”
*4 Final Rule 114 pertains to requests for continued examination (“RCEs”). Under this rule, an applicant is allowed one RCE as a matter of right. For each additional RCE, the applicant must file a petition “showing that the amendment, argument, or evidence sought to be entered could not have been submitted prior to the close of prosecution in the application.” The limitation on RCEs is applied on the basis of patent families rather than individual applications. Final Rules 75 and 265 require an applicant who submits either more than five independent claims or twenty-five total claims to provide the examiner with information in an examination support document (“ESD”) which requires the applicant to conduct a preexamination prior art search, provide a list of the most relevant references, identify which limitations are disclosed by each reference, explain how each independent claim is patentable over the references, and show where in the specification each limitation is disclosed in accordance with 35 U.S.C. § 112,


このページのトップへ