事務所概要
ごあいさつ


 人類の英知による知的創作活動によって日々生み出される発明・考案・意匠・著作物等の知的創作物、並びに市場経済の流通過程において蓄積された業務上の信用を化体している商標やトレード・ドレス、などの知的財産は、人類がこれらを秩序立てて共有化することにより、産業社会の発展に大きく寄与し、その結果、高度に発達した産業経済社会を構築するに至りました。
 とりわけ、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、先駆的コンピュータ技術及びコンピュータ・プログラム、新型万能細胞(iPS 細胞)等のバイオテクノロジー、ナノテクノロジー(超微細技術)、更には地球温暖化抑制技術や環境技術といった持続可能な開発目標(SDGs)などの最先端技術の開発は、知的財産権による法的支援の存在によって、はじめて実現できるものといえます。



 特許業務法人 HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK は、1976年の設立以来、「顧客の皆様に最大限の満足と利益を提供する。」という基本理念のもと、皆様の知的財産活動をより広く、より手厚くサポートすることを目指して参りました。
 ” HARAKENZO more ” では、「東京本部」、「名古屋事務所」、「大阪本部」、そして「広島事務所」という、日本の大動脈をなす中核都市にそれぞれ拠点事務所を構築して、私どもの日常の業務において、『太平洋ベルト知財戦略構想』を実現いたしました。
 顧客の皆様には、” HARAKENZO more ” のこれら四拠点を基幹として、最先端の通信技術を駆使して相互に緊密な連携をとりながら、時代を先取りした、先進的でユニークな、高度の『知的財産戦略リーガル・サービス』を提供させて頂きますので、是非ともご活用くだされば幸いです。



 私どもは、『大規模・国際・総合・知的財産事務所』という特徴を活かして、知的財産権に関する総ての技術分野及び法律分野について、” HARAKENZO more ” 所属のエキスパートが個々の事件を懇切丁寧に担当し、以下のとおり、顧客の皆様の満足が得られるように取り組んでおります。



Ⅰ 特許に関しては、あらゆる技術分野に精通し、各技術分野において専門性の高い特許弁理士や弁護士等のロイヤーズ、及び特許戦略部員等を擁するとともに、各自が専門性を最大限発揮できるように所内の組織体制を構築しております。特に、IT分野やバイオテクノロジー分野については、特許実務におけるこれら技術分野の特殊性に鑑み、「IT支援室」および「バイオ支援室」を設置して高度な知的財産戦略を提供させて頂いております。

Ⅱ ” HARAKENZO more ” には、高度の専門性をもって商標・意匠等を取り扱う専門分野に特化した専属弁理士や弁護士等のロイヤーズが常在し、商標登録及び意匠登録はもとより、植物品種登録、輸出入差止、半導体回路配置、コンピュータ・プログラム登録、ドメイン名登録、著作権、不正競争などの知的財産分野につきましても、高度の戦略性に基づく質の高いリーガル・サービスを提供させて頂いており、それぞれを専門とする支援室を設置して知的財産分野全般にわたるサポート体制を整えております。

Ⅲ 私どもでは、世界各国の特許法律事務所との幅広い強固なネットワークを構築しており、これらネットワークを駆使して、先進国のみならず中進国及び開発途上国につきましても、現地の特許法律事務所と協調して、高度のグローバルな戦略性を持った質の高い知的財産権の取得及び権利の活用に注力しており、経験豊富なエキスパートがお客様の立場に立って知的財産戦略を立案し、顧客の皆様のニーズに適確にお応えいたします。

Ⅳ ” HARAKENZO more ” には、日本人の弁理士や弁護士等のロイヤーズ、及び特許戦略部員などが顧客のニーズに適切に対応すべく幅広く活躍しているばかりでなく、外国人の弁理士や弁護士、特許戦略部員、翻訳者、及び秘書などの外国人専門家サポート・スタッフにおいても常勤しております。そして、外国人スタッフと日本人スタッフとのコラボレーションにより、「USA 支援室」「EPO / EUIPO 支援室」「UK 支援室」「ドイツ支援室」「フランス支援室」「中国支援室」「韓国支援室」「台湾支援室」「タイ支援室」「インド支援室」「インドネシア支援室」といった11の組織体制を構築しております。これにより、外国での知的財産権の取得及び活用を必要とされる日本国内の顧客のご要望はもとより、日本国での知的財産権の取得及び活用を希望される諸外国の顧客のご要望につきましても、専門家の立場から高度の戦略性を駆使して、世界各国の顧客の皆様に質の高い国際的なリーガル・サービスを提供させて頂いております。

Ⅴ 私どもは、顧客の皆様から” HARAKENZO more ” に寄せられたご信頼及びご期待に対して、常にご期待以上の成果を提供して参りたいと念願しております。そして、知的財産業務においては、長期にわたり顧客と代理人とが強固な信頼関係を持続することが極めて重要であるという信念に基づき、顧客の皆様から私どもに寄せられたご信頼をけっして裏切ることなく、信頼関係を永続的に持続することに、あらゆる努力を払ってまいる所存でございます。



 今後とも、皆様のご期待とご信頼に応えていく所存でございますので、ご厚誼のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。



  特定侵害訴訟代理人  
会長 弁理士 原  謙 三
所長 弁理士 福 井  清





PAGE TOP




 
 
 
 
 
 

"HARAKENZO more " はこちら