グローバルトップ  >>  日本語トップ  >>  Lawyers & 主要Staffs
スタッフ紹介
Lawyers & 主要Staffs

原 謙三 (はら けんぞう)
会長
弁理士/特定侵害訴訟代理人

大学を卒業した後、大阪の特許事務所で実務経験を重ね、1975年に弁理士国家資格を取得し、翌1976年に特許事務所を開設し、現在に至る。
知的財産権全般にわたる相談、日本国及び諸外国の出願戦略、出訴戦略、訴訟、審判、鑑定、異議申立、和解交渉を含む各種法的紛争の予防および処理などを担当し、”HARAKENZO more” を総括。

現在、日本弁理士会(JPAA)に所属し、西日本弁理士クラブ、日本商標協会(JP-TA)、国際知的財産保護協会(AIPPI)、アジア弁理士協会(APAA)、日本ライセンス協会(LES JAPAN)、国際商標協会(INTA)の所属会員である。

 


福井 清 (ふくい きよし)
所長
弁理士/特定侵害訴訟代理人

大学・大学院にて精密科学を専攻し、特殊加工の研究を行う。
大学院修了後、メーカにおいて半導体製造装置関連の開発に従事する。
これらの経験をとおし、電気・電子、機械・制御、光学・電磁気学、情報・通信等、物理系技術を広く習得する。
その後、”HARAKENZO more” へ入所し、物理系分野について国内外の特許権利化業務に携わる。
弁理士資格及び特定侵害訴訟代理資格を取得後は、権利化業務に加え、鑑定、訴訟、コンサルティング等の業務に活躍の場を広げる。

「特許事務所の能力は、それを構成する人材の専門能力の高さによるところが大きいといえます。しかしながら、優秀な人材を単に集めただけでは、真に高い能力を有する特許事務所にはなり得ません。
”HARAKENZO more” は、「事務所概要」欄に示した数字では表しきれない、高度に専門化された多様な人材を擁するとともに、これら人材の専門能力を、クライアントの皆様のご要望に対し最適な形で発揮させる組織力を有しております。
ますます高度化・複雑化する知財業務・知財戦略において、”HARAKENZO more” の人材力及び組織力を是非ご活用ください。」

 


黒田 敏朗 (くろだ としろう)
副所長 <化学・バイオ系領域統括>
弁理士/特定侵害訴訟代理人
スペシャリスト

大学・大学院にて生物工学・分子生物学を専攻し、タンパク質の機能向上及び局在化に関する研究を行う。

大学院修了後、化粧品メーカーにおいて基礎研究並びに新商品の開発業務に従事する。
その後、”HARAKENZO more” へ入所し、生物・化学分野について国内外の特許権利化業務に携わる。
弁理士資格及び特定侵害訴訟代理資格を取得後は、権利化業務だけでなく、ライセンス契約、鑑定、コンサルティング、訴訟等を経験。現在、特許業務だけでなく、意匠・商標を含めた知的財産全般を幅広く担当。

「近年、ビジネスのグローバル化が進み、競争が激化しています。このような厳しい競争環境の下では、優れた技術はもちろん重要ですが、これだけでは十全とはいえません。技術力の優位性のみでは、差別化した価値を維持することが困難な状況も増えています。そこで、他者と差別化し、競争力を向上させるためには、技術だけでなく、デザイン及びブランドを含めた知的財産を複合的に組み合わせることが重要です。知的財産全般に関して、お客様のビジネスの高付加価値化のために、ご満足いただけるサービスを提供していく所存です。」

 


今野 信二 (いまの しんじ)
副所長 <物理系領域統括>/広島事務所管掌
弁理士/特定侵害訴訟代理人
スペシャリスト

大学にて機械工学を専攻し、ディーゼルエンジンに係る燃焼の研究を行う。
大学卒業後、自動車メーカーにおいて生産設備関連の技術業務に従事する。
その後、”HARAKENZO more” へ入所し、物理系分野について国内外の特許権利化業務に携わる。弁理士資格及び特定侵害訴訟代理資格を取得後は、権利化業務に加え、鑑定、コンサルティング等の業務も担当。

「私は高校生の頃、「人に役立つ技術を提供しよう」と将来の目標を立てました。 その目標を達成するためには、クライアントの皆様の満足を永続的に得ることが不可欠です。そのために、”HARAKENZO more” のスタッフ一同の総力を結集させ、個々のスタッフの能力の単なる総和では得られないサービスを、精一杯の誠意をもってクライアントの皆様に提供していきたいと考えています。」

 


藤田 けんじろう (ふじた けんじろう)
副所長
東京本部代表
弁理士
スペシャリスト

農芸化学、及び人間環境学専攻

出願・権利化業務はもとより、知的財産権全般に係るライセンス等の契約業務に携わった経験をベースとして、日々研鑽を積み重ね、意匠、商標等を含む包括的な知的財産関連サービスの提供を心がけます。

 


長谷川 和哉 (はせがわ かずや)
副所長
知的財産研修所所長/バイオ知財情報室長
弁理士/特定侵害訴訟代理人
スペシャリスト

1969年生まれ 工業化学専攻
研究経験:免疫学、発酵工学、酵素工学、糖質化学
専門分野:アレルギー、食品、微生物、化粧品、酵素、糖質

私は,何より新しいことにチャレンジすることが大好きです。
企業での研究経験で培ったノウハウを生かしつつ、皆様にご満足いただけるサービスを提供できますよう、チャレンジを続けていく所存です。
どうかよろしくお願い申し上げます。

 


村上 尚 (むらかみ たかし)
副所長 <物理系領域統括>/特許部長
弁理士/特定侵害訴訟代理人
IoT×AI支援室長
スペシャリスト

1970年生まれ 情報工学専攻
研究経験:情報工学、コンテンツ流通技術
専門分野:IT、通信ネットワーク、情報処理、情報理論、ソフトウェア

近年、IT分野は急速な進展を遂げており、IT関連の知的財産権は、非常に重要度の高いものとなっています。
そのため私は、IT関連の発明に対し、企業での研究開発経験を生かしつつ、迅速かつ質の高いサービスを提供するよう最善を尽くします。
IT分野全般にわたり、どのような内容でもお気軽にご相談ください。

 

PAGE TOP